RENOSY ASSET RENOSY ASSET マンション投資
  1. RENOSY ASSET
  2. RENOSY ASSET MAGAZINE
  3. 不動産投資は初心者におすすめ?成功のコツはある?
不動産投資

不動産投資は初心者におすすめ?成功のコツはある?

2018.09.12

数ある投資の中でも、ローリスク・ミドルリターンで比較的リスクが少ないとされる不動産投資。今回は、この不動産投資が投資経験のない初心者にしばしばおすすめされる理由と、不動産投資成功へのポイントなどをまとめました。

不動産投資とは

まず不動産投資とはそもそも何か、というところからお話していきます。初心者の方はきちんと押さえておきましょう。

不動産投資で得られる2つの利益

不動産投資の対象は、区分マンション・一棟マンション・一棟アパートや一戸建てなどの住宅や、店舗や事務所、駐車場などのさまざまな選択肢があります。

不動産投資によって得られる利益は2種類あります。1つ目の利益は、不動産を第三者に貸すことで家賃収入を得られる「運用益、またはインカムゲイン」。2つ目の利益は、不動産を売却することによって得られる「売却益、またはキャピタルゲイン」です。

不動産投資に伴うリスク

投資にはリスクが伴います。不動産投資に伴う最も大きなリスクは「空室リスク」です。投資対象の物件が長期にわたり借り手が見つからず「空室」になっていれば、家賃収入はありません。

金融機関から融資を受けて不動産を購入した場合、空室が長期間続けば、ローンの返済を自分が働いて得た給与や貯蓄などから返済する形になってしまいます。一括で不動産を購入した場合でも、家賃収入が見込めず利益が出ないことになります。

そのほかに考えられるリスクは以下の通りです。

  • 家賃を滞納されるリスク
  • 地震などの災害リスク
  • 維持、管理のためのコスト
  • 大規模修繕費用
  • 資産価値が下落し、売りたくても売れなくなるリスク
  • 賃貸管理

これ以外に不測の事態が起こることもあり得ます。

投資の初心者におすすめな不動産投資とは?

image

ここからは、投資の初心者に不動産投資が向いているかどうかを考えていきます。

ワンルームマンションは投資に対するハードルが低い

一棟マンションでなく区分マンション、ワンルームマンションは、投資金額が少ないため投資に対するハードルが低いです。また物件価格が低いため、一般的な流動性も高いです。

投資対象の物件を現金で買わずローンを組んで購入する場合で考えます。不動産投資ローンを組むときは、対象の不動産を担保にローンを組むため、高額な借入が可能となっています。

ローンを組む本人よりも不動産そのものが持っている収益力が重視されるので、立地条件のよい不動産ほど、高額なローンを組むことが可能と言えます。

またサラリーマンの場合、毎月安定した給与収入が得られます。サラリーマンで安定した収入が見込めるという信用に対して、金融機関は高額の融資をしやすい傾向があります。

不動産投資は、物件そのものの収益性とサラリーマンという信用力で、自己資金を使わず不動産という資産が形成できます。借り手からの家賃収入でローンを返済し、価値が下がっていなければ物件を売り、売却益という利益を得られる可能性もあります。もちろん売却せず継続して家賃収入を見込める資産となります。

不動産投資は、リスクの高くなりがちな短期投資ではなく長期で運用する対象として考えると、投資の初心者にも向いていると言えます。

団体信用生命保険の存在。生命保険代わりになる

また不動産投資ローンを組んだ際には、団体信用生命保険に加入します。団体信用生命保険は、購入者に万が一のことがあった場合には、ローンの支払い(残債)が免除される仕組みになっています。家族がいる場合には、ローンの残り(残債)がなくなった不動産を家族に残すことができ、遺族は残された物件から家賃収入を得ることができます。

初心者が不動産投資で成功するコツはある?

image

不動産投資は、長期運用する投資と捉えれば初心者でも始めることができる投資であると言えます。ですが成功するためには、不動産投資に関する知識が必要です。ここからは、不動産投資を成功に導くためのポイントを解説します。

不動産投資に関して学ぶ

不動産投資はとてもシンプルな投資法で、「成功するかどうか」は、最終的に「空室をいかに抑えるか」が分かれ目になります。不動産投資を成功させるには、入居者目線で考えられるスキルを持つ投資家であるかどうか、がポイントになります。

投資および不動産の知識を身につけ、不動産市場の動向も研究する。入居者目線で考えるためにはときに現地調査も必要です。知識はネットなどで得ることができますが、ネット情報だけではなく、書籍を読んだり、投資に関するセミナーに参加するなど、足を運んで直接情報を集めることも大切です。投資関連の書籍も多く出版されているので、積極的に活用しましょう。

書籍やセミナーの活用

書籍を利用して基礎を固めつつ、専門家に会って直接質問を投げかけて、最新情報をキャッチアップするというのが不動産投資スキル向上の近道ではないでしょうか。Renosyでも不動産投資セミナーを定期的に開催しています。詳しくはRenosyのセミナー一覧からご覧いただけます。

信用できる不動産会社を見つける

不動産投資を成功させるには、不動産会社との連携も不可欠となります。購入を決断する前に信頼できる不動産会社を見つけることが重要です。

信頼できる不動産会社を見つけることができれば、会社のほうからよい物件を紹介してもらえたり、不動産投資をする上でのアドバイスやサポートなどもしてもらえるでしょう。

不動産投資情報をネットで検索することは可能ですが、不動産投資という長期運用を考えると、物件を購入する相手との信頼関係を築いた上で投資を始めることをおすすめします。

まとめ

投資と聞くとリスクがありちょっと怖いようなイメージもあるかもしれませんが、不動産投資は立地と物件をしっかりと考慮することで、自己資金も少なく始めやすい、長期間比較的安定した投資であると言えます。

今まで投資に縁がなかった方も、これを機にまずはリサーチから始めてみてはいかがでしょうか。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

  • JPX 東証マザーズ上場

    RENOSYは東証マザーズ上場企業である株式会社GA technologiesが運営しています。

  • RENOSY x 川崎フロンターレ RENOSYは川崎フロンターレのオフィシャルスポンサーです。 RENOSY x 川崎フロンターレ RENOSYは川崎フロンターレのオフィシャルスポンサーです。
老後の生活、年金だけで大丈夫? RENOSY ASSET