不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. NEWS
  3. 成約顧客の68%が投資経験者。RENOSY 不動産投資マンスリーレポート2021年1月
NEWS
2021.02.24

成約顧客の68%が投資経験者。RENOSY 不動産投資マンスリーレポート2021年1月

成約顧客の68%が投資経験者。RENOSY 不動産投資マンスリーレポート2021年1月

資産運用型の中古マンション販売実績No.1の「RENOSY 不動産投資」の顧客動向、2021年1月度データを公表します。

RENOSY 不動産投資の2021年1月度動向について

2021年1月にご契約いただいた方々のデータです。各データは、成約時点でのデータとなります。なお構成比の合計は、四捨五入の関係で100%とならない場合があります。

RENOSY 不動産投資マンスリーレポート2021年1月をみる

性別

「RENOSY 不動産投資」の顧客動向 2021年1月度成約者の性別

1月度成約者の性別は、男性が88%、 女性が12%(前月比2ptアップ)となりました。

結婚の状況

「RENOSY 不動産投資」の顧客動向 2021年1月度成約者の結婚の状況成約者の結婚の状況については、既婚が59%、未婚が41%(前月比3ptアップ)となりました。

年齢

「RENOSY 不動産投資」の顧客動向 2021年1月度成約者の年齢

成約者の年齢分布は上記の通りです。

最も割合の多い年齢帯は25〜29歳の34%(前月比7ptアップ)となりました。次に多い割合は30〜34歳、35〜39歳が同率で19%となりました。続いて40〜44歳の12%、45〜49歳、50〜54歳、55〜59歳と続きます。

【関連リンク】
 20代で意思決定すると「時間」を味方にできる。未来の自分を楽にする資産づくり

居住エリア

「RENOSY不動産投資」の顧客動向 2021年1月度成約者の居住エリア

成約者の居住エリアは、次の通りです。

最も多い居住エリアは関東で66%(前月比11ptダウン)となりました。続いて近畿10%、中部9%、九州6%、中国4%、北海道3%、東北1%、となっています。

職種

「RENOSY 不動産投資」の顧客動向 2021年1月度成約者の職種

職種は、会社員が成約顧客の75%(前月比9ptダウン)です。公務員が11%、専門職(医師・弁護士)が10%、その他4%となっています。

【関連リンク】
老後対策だけじゃない!? サラリーマンが不動産投資をする7つのメリットとは
公務員に向いている不動産投資。規定違反しないための注意点とは
なぜ? 医師が不動産投資に向いている5つの理由

年収

「RENOSY 不動産投資」の顧客動向 2021年1月度成約者の年収

年収は、100万円単位、1,000万円以上は200万円単位で分類しています。

ボリュームゾーン600万円台の年収帯で20%、次いで500万円台と800万円台が同率で13%、700万円台の12%、900万円台、1,000万円台、1,400万円台、2,000万円台と続きます。

【関連リンク】
年収500万円でも不動産投資はできる? 注意点をまとめてみた

投資経験

「RENOSY 不動産投資」の顧客動向 2021年1月度成約者の投資経験

成約顧客の投資経験は、成約時点で68%が「投資経験あり」(前月比9ptアップ)、32%が「投資経験なし」と回答しました。投資経験者の割合は、マンスリーレポート開始以来もっとも高くなりました。

RENOSY 不動産投資マンスリーレポート2021年1月をみる

成約顧客動向

「RENOSY不動産投資」の顧客動向 2021年1月度成約者の通算購入回数

1月度成約者のうち、初回購入者71%で、以前購入されている方で2件目以降を新たに買われた追加購入者29%(前月比6ptアップ)となりました。

【関連リンク】
不動産投資を始める理由はなんですか? 考えておきたい老後と「2件目」以降のこと

購入物件数、そして初回購入から追加購入までの期間は、次のデータの通りです。

成約顧客の購入物件数、初回購入から追加購入までの期間

「RENOSY 不動産投資」の顧客動向 2021年1月度成約者の購入物件数

1月度成約者のうち、購入時の物件数は「1件」のみが50%複数物件を購入する方は50%でした。2人に1人が複数物件を購入しています。

「RENOSY 不動産投資」の顧客動向 2021年1月度成約者の初回購入から追加購入までの期間

追加購入者のうち、初回購入から追加購入までの期間は、3ヶ月後の購入が31%、1ヶ月後以内と6ヶ月後以内の購入が同率で19%、12ヶ月後以内の購入が15%となっています。

販売物件情報

「RENOSY 不動産投資」の顧客動向 2021年1月度の販売物件 平米、物件単価データ

1月度に販売した物件の内容です。

成約物件の広さに関しては、30m2未満が66%(前月比1ptダウン)、次に多かったのは50m2未満で19%(前月比2ptダウン)、20m2未満の割合は14%(前月比2ptアップ)となりました。

【関連リンク】
ワンルームマンション投資で失敗する理由とは? 事前に知りたいメリット・デメリットやリスク、成功率を高める方法

価格帯2,000万円台46%を占め、2,000万円未満が34%、3,000万円台と4,000万円以上が同率で10%(前月比3ptアップ)となりました。4,000万円以上の割合が2桁になるのはマンスリーレポート開始以来初です。

「RENOSY 不動産投資」の顧客動向 2021年1月度の販売物件所在地

物件の所在地は、東京都がもっとも多く75%(前月比1ptダウン)です。続いて大阪府、神奈川県、京都府、兵庫県と続きます。

RENOSY 不動産投資マンスリーレポート2021年1月をみる

【関連リンク】
不動産投資で東京がおすすめの理由は?基礎知識や人気エリアを紹介
不動産投資で大阪は狙い目? おすすめエリアと利回りの相場を要チェック
総合評価 星4.3 不動産投資オーナーの口コミ・評価 公開中
総合評価 星4.3 不動産投資オーナーの口コミ・評価 公開中
【関連リンク】
不動産投資の目的やRENOSYに決めた理由は? お客様からの声(評判・口コミ)を集計【2020年9月公開】

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

この記事を書いた人

RENOSYマガジン編集部

「不動産やお金の疑問をわかりやすく解決するメディア」を掲げ、本当にためになる情報の提供を目指すRENOSYマガジン編集部。税理士やファイナンシャルプランナーの人たちと共に、中立・客観的な視点で「不動産とお金」を解説、読んでいる人が自分の意思で選択できるように日々活動している。

Facebook Twitter Instagram LINE