1. RENOSY TOP
  2. リノベーション
  3. リノベーションに関する記事一覧
  4. 種類や費用は?キッチンのリノベーションで知っておきたい基礎知識
リフォーム・リノベーション

種類や費用は?キッチンのリノベーションで知っておきたい基礎知識

2016.08.31

キッチンのリノベーションでは、設置するスペースやライフスタイルをもとに、キッチンの種類を選んでいきます。キッチンの設置場所の移動は戸建てではできますが、マンションの場合、床下のスペースによっては移動できないこともあります。また、キッチンの移動を伴うとリノベーション費用はアップします。

キッチンのスタイルやレイアウトの種類とは

キッチンのスタイルの種類はリビングダイニングとの関係で、「オープンキッチン」、「セミオープンキッチン」、「クローズドキッチン」に分類できます。

「オープンキッチン」と「セミオープンキッチン」
オープンキッチンは、リビングダイニングとの間に壁がなく一体化したキッチンです。

セミオープンキッチンは、リビングダイニングとの間に、天井から途中の位置までの垂れ壁が設けられたキッチンをいいます。

Credit:パナソニック

対面式キッチンと呼ばれるものは、オープンキッチンかセミオープンキッチンのどちらかです。

クローズドキッチン
クローズドキッチンは、リビングダイニングとは独立したキッチンを指します。

レイアウト
キッチンのレイアウトの種類には、以下のものがあります。

  • I型:シンクとコンロが一列に並んだスタンダードなスタイル
  • 2列型:シンクとコンロを前後の2列に分けて配置したもの
  • L字型:ワークトップの形状がL字のもの。シンクとコンロが振り分けて配置されている
  • U字型:ワークトップの形状がU字型のキッチン。設置には、スペースが必要
  • アイランドキッチン:オープンキッチンの中でも、壁から離して配置したキッチンをいいます。

リノベーションの際には、キッチンを設置できるスペースやライフスタイルに合わせて、例えば、オープンキッチンでL字型といったように決めていきます。

キッチンを設置する位置の移動はできるもの?

マンションのリノベーションでは、給排水管が通るパイプスペースの位置を変えることはできません。キッチンの位置移動は、排水の配管が床スラブの上を通っている場合で、床と床スラブの間のスペースにゆとりがある場合に限られます。

排水が流れやすいように配管の勾配をとって設置するスペースがとれれば移動ができます。

戸建ての場合、キッチンを離れた位置へ移動する場合には、大掛かりな工事となることもありますが基本的に可能です。

キッチンのリノベーション費用はどのくらいかかる?

キッチンのリノベーション費用の目安は、I型のキッチンで位置を変えない場合で、60万円から100万円程度です。30万円台の格安なキッチンを打ち出す業者もありますが、満足のできる仕様であるか注意しましょう。

L字型やアイランドキッチン、あるいはI型で背面に収納も設けた場合には、100万円~200万円程度が目安です。ただし、システムキッチンは商品価格の幅が大きく、輸入キッチンなどでは1000万円を超える高級品もありますので、選ぶキッチンによって費用は大きく異なります。

また、キッチンの位置の移動を伴うリノベーションの場合には、給排水管工事や内装の張り替え工事なども伴うため、50万円~100万円程度の工事費用が追加となることを忘れずに。

キッチンのリノベーションはスタイルやグレード、キッチンの設置場所の移動の有無によって、費用が大きく異なります。リノベーション会社の見積もりを比較する場合には、こうした条件による違いも踏まえることが必要です。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する