1. TOP
  2. RENOSY マガジン
  3. 特集
  4. RENOSYの不動産投資オーナーが集まるパーティーとは?

作成日: 2024.01.17

RENOSYの不動産投資オーナーが集まるパーティーとは?

RENOSYの不動産投資オーナーが集まるパーティーとは?

会社の同僚や学生時代の友人と「投資の話ができる」という方はどれくらいいらっしゃいますか?自分の投資の話はできないという方も多いと見聞きします。

そんななか、RENOSYには「不動産投資を始めた」という共通点を持った方々が集まって交流できる場があります。

2022年から毎月開催しているパーティーの様子をご紹介します。

投資家同士で話ができる空間「RENOSY Owner’s Party」

RENOSYでは2013年の創業以来、不定期でパーティーを開催してきました。これはRENOSYオーナー様と担当セールスとの交流はもちろん、オーナー様同士の交流や情報交換の場の提供を目的としています。

2022年からは、より多くのオーナー様にご参加いただけるよう、定期的に開催しています。

今回は、2023年11月に都内で開催したパーティーの様子をご紹介します。

「不動産投資を始めたばかり」のオーナー様をお招きしたパーティー

会場の「ザ・プリンス パークタワー東京」
会場は「ザ・プリンス パークタワー東京」

パーティーのテーマは毎回変わります。この回は、2023年に不動産を購入されたオーナー様同士の交流を目的として開催しました。

毎回、多数のご応募をいただきますが、今回のパーティーでも定員以上のお申し込みをいただきました。

オーナー様同士の弾む会話

総勢54名のオーナー様が参加、豪華な会場で食事とオーナー同士の交流をお楽しみいただきました。

豪華な会場で食事とオーナー同士の交流をお楽しみいただきました

どのテーブルも、「投資用物件を所有している」という共通点がある安心感からか、オーナー様同士での会話はとても弾んでいるようでした。

RENOSYのことがよくわかるクイズも登場

パーティーでは、お客様同士の歓談タイムのほか、毎回さまざまな企画をご用意しています。今回実施したのは「RENOSY 大感謝祭クイズ」。

RENOSYにまつわる内容の2択クイズを計10問出題し、テーブルごとにチームを組んでお答えいただきます。

<出題した問題の一例>

  • RENOSYが管理している投資用物件の戸数はいくつでしょうか?
  • RENOSYのグループ内で行われている「まぐラッチェ」とはどういった取り組みでしょう?

最も正解が多かったチームへは、某有名焼肉店のお食事券をプレゼント!

高級な焼肉店の食事券をかけた戦いは白熱し、なんと10テーブル中6テーブルが全問正解。代表の6名にステージにお上がりいただき、デッドヒートが繰り広げられました。

みなさまに喜んでいただき、とてもよい大感謝祭クイズとなりました!

RENOSYオーナーのパーティーにぜひご参加ください

参加された方の様子や感想から、Owner’s Partyは毎回オーナー様にご好評をいただいていることが伝わってきます。

開催テーマごとに、オーナー様だけが参加できる回、オーナーでなくても同伴者として参加できる回があります。不動産投資に興味があるけれどちょっと不安でまだ始めていないという方は、すでにRENOSYでオーナーとなっているお知り合いにご相談ください。

まだ参加されたことない方や、前回参加されてから時間が経っている方もぜひ、次回のOwner’s Partyにご参加ください!

パーティー開催のお知らせは、RENOSYのオーナー専用アプリ「OWNR by RENOSY」で配信しています。

Owner’s Party 告知用バナー
告知用バナーはこのような感じです

不動産投資の資料を読んでみる

※本記事の情報は、信頼できると判断した情報・データに基づいておりますが、正確性、完全性、最新性を保証するものではありません。法改正等により記事執筆時点とは異なる状況になっている場合があります。また本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

この記事を書いた人

RENOSYマガジン編集部

「不動産やお金の疑問をわかりやすく解決するメディア」を掲げ、本当にためになる情報の提供を目指すRENOSYマガジン編集部。税理士やファイナンシャルプランナーの人たちと共に、中立・客観的な視点で「不動産とお金」を解説、読んでいる人が自分の意思で選択できるように日々活動している。

Facebook Twitter Instagram LINE Mail magazine LINE