1. RENOSY TOP
  2. リノベーション
  3. リノベーションに関する記事一覧
  4. マンションも間取り変更ができる?リノベーションで理想の間取りを実現
リフォーム・リノベーション

マンションも間取り変更ができる?リノベーションで理想の間取りを実現

c 2018.09.28

理想的なマンションを手に入れたいけれど、価格的に手に届く物件がない、納得できる間取りの物件が見当たらないということがあります。リノベーションをして間取り変更をすれば希望に近いマンションが手に入ると考えられますが、マンションでも自由にリノベーションはできるのでしょうか。

マンションでも間取り変更は可能か

購入したマンションの間取り変更は自由にできる場合もありますが、物件によってはできない場合もあります。構造上、マンション自体の耐久性が弱くなるからというケースや、マンションの管理組合によって禁止や制限が設けられているケースなどもあるからです。 間取りの変更をするリノベーションをしようと考えている場合には、想定している間取りに変更が可能かどうかを確認した上で購入する必要があります。

ラーメン構造はリノベーションしやすい?

マンションの間取り変更をする上では、建物の構造について知っておくことが大切です。一般的にはラーメン構造はその構造上リノベーションに向いています。一方、壁式構造は間取り変更を伴うリノベーションにはあまり向いていないと言えます。 ラーメン構造は、柱と梁によって建物を支えているので壁を取り払うことができますが、壁式構造の場合には壁で建物を支えている影響で動かせない壁があるからです。

※ラーメン構造:垂直に立てた柱と水平な梁によって建物を支える構造のこと

新築か、中古物件をリノベーションするか

image

理想的な間取りのマンションを手に入れるには、新築と中古のどちらに着目した方がいいのでしょうか。

新築のメリットとデメリット

新築マンションは、建築前や建築中の物件を探すことが必要です。誰も住んだことがなくて新しい部屋に住めるのがメリットで、無償オプションとして希望する間取りを決められる新築マンションもあります。 しかし、建築計画が進んでいる段階で間取り変更を申し込むことになるため期限が定められています。また間取りを決めるまでに十分な時間を持てない場合も多いのがデメリットです。

中古のメリットとデメリット

中古マンションの間取り変更は、リノベーション済み物件でなく、中古マンションを購入してリノベーションしようという場合は、自由なタイミングで好みの形にリノベーションをできることができます。しかし、理想として思い描く間取りにできるマンションを探し出すのが難しいという問題があります。マンションの構造や管理などについての情報収集も大変になりがち、物件探しに時間がかかるというのがデメリットです。

間取り変更のアイデア

image

マンションの間取り変更について、具体的なアイデアに触れて何ができるのかを考えられるようにしましょう。

仕切りを入れて部屋を増やす

部屋に仕切り壁を入れて部屋数を増やします。リビングを分割して一方は寝室にしたり、広めの寝室を分けて小さめの子供部屋を二つ作ったりするなどが考えられます。

壁を取り払ってリビングを広くする

部屋を広くしたいときには壁を取り払うこともできます。リビングとキッチンの壁をなくしてしまえば、開放的な広さを感じるリビングを作り出すことが可能です。

廊下をなくしてリビングの一部に

リビングを広げたいけれど他に不要な部屋はないというときには廊下にも注目しましょう。リビングに接するように廊下がある場合には、その間の壁を取り払ってしまうと廊下だった部分がリビングの一部になります。

間取り変更をする際の注意点

image

マンションの間取り変更をするときには一戸建ての場合とは違ってある程度の制限があります。管理組合によって制限が設けられていることもありますが、構造上不可能なことも少なくはありません。 また、マンションの場合には占有スペースが部屋の中だけに限られているので増築はできません。

構造によっては撤去できない壁もある

壁を取り除くリノベーションを考えているときには、解体が可能かどうかを予め確認することが大切です。構造上、壁式構造のマンションだったり、コンクリートで作られている壁の場合には取り壊しができないことがあります。

 

マンションの間取り変更にかかる費用

image

中古マンションを買って間取り変更をするにはどの程度の費用がかかるのでしょうか。リノベーションにかかる費用の相場を確認しておきましょう。

部屋を拡張するリノベーションの費用例

二つの部屋を一つにまとめる、リビング、ダイニング、キッチンを合わせてLDKにする、などが考えられますが、リノベーションは家全体を新たにつくるので、天井、壁、床、と影響範囲が大きいです。そのため、費用は、平米あたりの相場を頭に入れておくと、予算も立てやすいです。

間取り変更リノベーションの合計金額の平均

間取り変更も、家全体の間取りを変更するのか、一部の部屋だけの間取りを変更するのか内容によって費用にも差が出ます。平米あたりの相場を約15万円とすると、30m2のワンルームマンションならば450万ほど、60m2のファミリータイプなら900万円ほど、と計算ができます。

見積もり依頼をして価格をチェックしよう

同じリノベーションであっても依頼した会社によって得意な分野、不得意な分野があり、また価格も異なる場合もあります。使用する材料や施工計画などによってかかる費用も違うからです。間取り変更を考えるときには見積もりを取って価格と内容を確認し、納得した上で依頼することが大切です。

まとめ

理想的な間取りのマイホームを手に入れたいと考えたら、中古マンションを購入してリノベーションをする方法も魅力的です。まずは、リノベーション・リフォーム業者に相談してみることが実現可能かどうかがわかる第一歩です。ただ費用を安く抑えたいと考えたときにはマンションの間取り変更を思い切って諦める必要もあります。その場合は、古い設備を変えるリフォームにプランを変更することでも雰囲気は変えられます。 専門業者に相談すれば、自分の希望している間取り・暮らしを実現できるマンションに出会うことができるでしょう。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する