不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. リノベーション
  3. 「帰って寝るだけ」の部屋は卒業。社会人3年目で叶えた「マイホーム」ー RENOSYリノベ事例
リノベーション
2021.03.30

「帰って寝るだけ」の部屋は卒業。社会人3年目で叶えた「マイホーム」ー RENOSYリノベ事例

「帰って寝るだけ」の部屋は卒業。社会人3年目で叶えた「マイホーム」ー RENOSYリノベ事例

RENOSYでは、中古マンションの家の中をいったん全部なくして、ゼロからお客様と一緒に、おうちづくりを行っています。フルリノベーションはもちろん一部のお部屋だけをリノベした例もあります。RENOSYでリノベーションした事例をご紹介します。

本当にオリジナルのマイホーム

社会人3年目を過ぎ、マイホームの購入を決めた施主様。

そんな施主様が考慮したのは、資産性。
資産性を考慮した際に重要ポイントとなる立地。そこで、場所は堂々の東横線「学芸大学駅エリア」にある好立地を選びました。

好みが偏りそうなデザインを避けつつ、ディティールでこだわりを表現し、「資産性とデザイン性」の両立を叶えたマイホームです。

ワンルームスペース

もともと2DKだった間取りは仕切りを撤去し、アレンジ次第でさまざまな表情を楽しめる広々としたワンルームに。

リビングスペース

広々ワンルームも、左右に振ることでさりげなく空間を分けました。

ベッドスペース

キッチン

サニタリー

部屋に面した洗面台なので、生活感が出過ぎない造りにしました。

物件情報

間取り 2DK→1ROOM
構造 鉄筋コンクリート
完工時築年数 22年
エリア 東京都世田谷区
世帯構成 男性1人
広さ 30.72m2
物件価格 2,100万円
リノベーション費用 430万円
月支払い 10万円
以前の住まい 賃貸(1ROOM)
以前の家賃 10万円

間取り

BEFORE

BEFORE AFTER

AFTER

設計デザイン:牟田 美紀
撮影:今井 淳史(日本建築写真家協会会員)

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

この記事についているタグ

この記事を書いた人

RENOSYマガジン編集部

「不動産やお金の疑問をわかりやすく解決するメディア」を掲げ、本当にためになる情報の提供を目指すRENOSYマガジン編集部。税理士やファイナンシャルプランナーの人たちと共に、中立・客観的な視点で「不動産とお金」を解説、読んでいる人が自分の意思で選択できるように日々活動している。

リフォーム・リノベーションの疑問はプロに相談。

Facebook Twitter Instagram LINE