RENOSY ASSET RENOSY ASSET マンション投資
  1. RENOSY ASSET
  2. RENOSY ASSET MAGAZINE
  3. RENOSY ASSETが考える不動産投資とは
不動産投資

RENOSY ASSETが考える不動産投資とは

2019.08.23

不動産投資と一口に言っても、さまざまな種類があります。RENOSY ASSETが考える資産運用方法のひとつの、不動産投資について解説します。

RENOSY ASSETが考える不動産投資とは

人生100年時代に備えるため、資産をいかに増やすかは人生における大きな課題です。

不動産投資とは「不動産を第三者に貸して賃料収入を得ること」を目的とした投資ですが、RENOSY ASSETでは「資産を増やす」ための一つの提案として、都市部の中古ワンルームマンションへの投資をおすすめしています。

なお不動産投資のもう一つの目的として「購入価格よりも高い価格で売却して利益を得ること」があります。

RENOSY ASSETのマンション投資

マンション投資には、建物一棟をまるごと購入して投資するタイプと、建物のうち1戸(1区分)を購入して投資するタイプがあります。RENOSY ASSETで扱うマンションは、区分マンションです。

投資金額に対するリターンをより高めるために、新築マンションより一般的に安く購入できる中古マンションを対象に扱っています。

なお不動産投資の仕組みについて詳しく知りたいという方は「不動産投資とは〜初心者必見!注目の理由から仕組み・学習方法まで解説」をご覧ください。マンションをローンを組んで購入することで「生命保険代わりになる」ことなども解説しています。

都心の中古ワンルームマンションに投資する

そしてRENOSY ASSETが投資対象として取り扱う物件は、東京と大阪など都市部にある物件に限定しています。

人口減少が始まっている日本の中でも、賃貸需要の下がらない都市部の中古ワンルームは、投資の経験のない方や不動産投資がはじめての方でも、堅実な資産を形成することが可能だと考えます。

将来の私的年金として考えるから、運用は長期間。

FXや株式投資などとは異なり、RENOSY ASSETは短期間でのリターンは目指していません。「将来の私的年金」として、年金生活が始まる頃に公的年金にプラスして家賃収入を受け取ることができるよう、数十年にわたる物件保有を前提としています。

サラリーマンに向いています

中古ワンルームといっても家なので、スーパーで食料品を買うような感覚では買えません。しかし「そんな高額な資金は持っていない」という場合でも不動産投資が可能な人たちがいます。それが会社勤めのサラリーマンです。

不動産投資は、物件の購入にあたって多くの場合は、金融機関から借入をしてローンを組んで購入します。金融機関が現実に存在する物件の価値に対して融資をするためです。

また、年収が一定(500万円)以上あるサラリーマンに対しても、融資が通りやすいと言われています。サラリーマンという信用力に対して金融機関が融資を行います。

もちろんワンルームマンションを現金で購入することも可能です。ですが、たとえ現金を持っていてもローンを組まれる方が多いのです。その理由は、「不動産投資のレバレッジ効果!メリットを理解しよう」をご覧ください。

不動産投資のローンは、「自分が住むための家」を購入する際のローンとは違います。不動産投資ローンについての解説は「不動産投資ローンとは?金利の考えからから金融機関の選び方を解説します」をご覧ください。

物件の管理もお任せ

「不動産を第三者に貸す」「新しい入居者を募集する」「家賃を振り込んでもらう」など、ワンルームマンションを他人に貸し出すなんてやったことない、という方でもスムーズに始められます。RENOSY ASSETではそのような賃貸管理業務も行なっていますので、投資される方ご本人は入居者さんとのやりとりをしなくても大丈夫です。

入居していた人が退去したときに発生する「部屋をクリーニングする」「新たな入居者を募集する」などの業務を、RENOSY ASSETが代行します。

RENOSY ASSETが代行する業務
RENOSY ASSETが代行する業務

そのため、RENOSY ASSETでワンルームマンション投資を始めた方は、基本的には毎月の家賃収入を受け取るだけです。

エアコンや給湯器などの設備が壊れることもあります。そのような時にはRENOSY ASSETから物件のオーナー様に連絡させていただきます。

不動産投資はほかの資産運用とどう違うの?

ここまで、資産を増やす方法として、RENOSY ASSETが考える不動産投資を解説してきました。もちろん、増やす方法を不動産投資だけに限る必要はありません。さまざまな投資を組み合わせ運用することが大切です。

100年時代に資産を増やす方法について詳しくは「老後資金はいくら必要なの?どうやって貯めて増やす? 」をご覧ください。iDeCoやNISAほかそれぞれの投資タイプによるメリット・デメリットも解説しています。

リスク×リターン分布図
引用:マンション投資とほかの金融商品とのリスク×リターン分布図

気軽に始めるなら不動産投資クラウドファンディングも

ワンルームマンション投資にまだ踏み切れないという場合は、1万円から始められ運用期間が短期の「不動産投資クラウドファンディング」もあります。

RENOSY ASSET クラウドファンディングでは、出資者を募集し集まった資金で不動産を取得そして運用します。その運用益を各出資者に分配します。

詳しくはこちらをご覧ください。

まとめ

100年時代を生きるための選択肢の一つとしてRENOSY ASSETが考える不動産投資の概要をご紹介しました。ここでは書ききれない事柄もたくさんあります。もっと詳しく知りたいという場合は、RENOSY ASSETのエージェントがご説明します。いつでもお問い合わせください。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

  • JPX 東証マザーズ上場

    RENOSYは東証マザーズ上場企業である株式会社GA technologiesが運営しています。

  • RENOSY x 川崎フロンターレ RENOSYは川崎フロンターレのオフィシャルスポンサーです。 RENOSY x 川崎フロンターレ RENOSYは川崎フロンターレのオフィシャルスポンサーです。
老後の生活、年金だけで大丈夫? RENOSY ASSET