RENOSY ASSET RENOSY ASSET マンション投資
  1. RENOSY ASSET
  2. RENOSY ASSET MAGAZINE
  3. RENOSY「投資に関するアンケート」調査結果発表です
不動産投資

RENOSY「投資に関するアンケート」調査結果発表です

2019.09.27 更新日 2019.10.04

この記事を書いた人 RENOSY Magazine編集部

「すべての人に不動産投資という選択肢を」を掲げ、本当にためになる情報だけを提供しているRENOSY Magazine編集部。税理士やファイナンシャルプランナーの人たちと共に、中立・客観的な視点で、「不動産投資」を解説し読んでいる人が自分の意思で選択できるように日々活動している。
もっと読む

将来のお金について、資産運用をどのように考えて、どのような投資を実践しているか、RENOSYのメルマガをお読みになっている方を対象にアンケートを実施しました(実施期間2019年9月8日〜9月22日、有効回答数211)。RENOSYのメルマガをお読みになっている方ということは、不動産投資をされているお客様をはじめとした、資産形成について比較的関心の高い方々だと考えられます。そのような方たちが将来についてどのように考えて実践されているのか、結果をご覧ください。

老後の資金対策として「投資」をしている人は86%

老後に向けてどのような対策をしているのか聞いてみました。対策内容として大きく「貯蓄」「投資」「節約」にわけて聞いたところ、「何もしていない」と回答した人は4%だった一方、投資をしている人は86%と、多くの方が投資をしていることがわかりました。

貯蓄、投資、節約、とそれぞれの組み合わせについても聞きました。投資と貯蓄をあわせてしている人の割合がもっとも多く30%、投資のみ実践している人が27%、投資と貯蓄と節約、できることはすべて組み合わせてやっているという方々が25%でした。

Q1_老後資金にどんな対策をしていますか?

Q1_老後資金にどんな対策をしていますか?

投資実践者は複数の投資を組み合わせている

上の質問で「投資」と回答した人に、どんな投資をしているのかも聞きました(複数回答)。

具体的には、仮想通貨や金、ソーシャルレンディングやロボアドバイザーという答えもありましたが、多くの回答が得られたのは次の投資方法です。

具体的な投資方法は? 回答数
株式投資 86
投資信託 54
NISA(つみたてNISA含) 54
不動産投資 49
iDeCo(企業型確定拠出年金含) 49
保険 11
外貨・為替 9
債権 8
ソーシャルレンディング 6
FX 5
ロボアドバイザー 4

短期間で利益を求める投資として頭に浮かぶ「株式投資」や「FX」のうち、株式投資を行っているという回答が最も多く、FXはソーシャルレンディングより少ない回答数でした(回答数5)。次に多かったのは投資信託とNISA(つみたてNISA含む)です。具体的にインデックス投資をしているという回答などもありました。不動産投資をしている方も次に多い結果となりました。不動産投資とiDeCoが同数となりました。不動産投資は、マンションやアパートのほか、海外不動産という回答もありました。太陽光発電に投資という方もいました。

株式投資だけ、投資信託だけ、ということではなく、株式投資と投資信託、投資信託と不動産投資、など、複数の投資を組み合わせて運用されているという結果に。平均すると2種類の投資をしていることがわかりました。

老後資金についての不安、65%が「ある」と回答

老後資金についての不安、65%が「ある」と回答

このような老後の対策をしている方と、対策をしていない方々に、将来に対する不安の差があるかどうかも聞いてみました。

「老後資金についての不安はありますか?」と聞いてみたところ、アンケート回答者の65%の方が「不安である」と回答しました。投資対策別に不安の割合を示した図が下記の通りです。

対策 不安である
貯蓄と節約 100%
貯蓄(のみ) 63%
投資(のみ) 60%
節約(のみ) 33%
貯蓄と投資 59%
投資と節約 50%
貯蓄、投資、節約(全部) 70%
何もしてない 80%
平均 65%

節約のみを実践されている方が一番楽観的のようで、不安を感じていないようです。逆に不安と感じるからこそ、貯蓄も投資も節約もできることはやっている方の姿が浮かび上がりました。

「不安」と回答した方の個別回答では、「公的年金をいくらもらえるかわからないから」「何歳まで生きるかわからない」「健康状態が維持できるのか、突然働けなくなったら」など、漠然とした不安を抱えています。

逆に「不安ではない」と回答した方の個別回答では、「ある程度資産運用を実践して今後の生活の見通しが立っているので大丈夫」という回答が目立ちました。

  • 早い段階からある程度の投資をしており、備えている
  • ワンルーム、戸建ての賃貸収入によって生活費に不足が生じていない
  • 自分の生活水準から考えて、貯蓄は確保している。安定投資で資産を増やすことを意識している
  • ある程度資産が積み上がり、かつ長期投資もおこなっている
  • 現在の自身のライフプラン上では老後の最低限の生活費に困ることはない
  • 年金ゼロを前提に資金計画を立てているため

ただ心配しているだけじゃない! 69%が具体的に行動している

資産を増やすために具体的にどんなことをしているか(したことがあるか)についても質問しました。

「お金に関するセミナーに参加する」「お金に関する本を読む」「お金に関するブログや記事を読む」「ファイナンシャルプランナーに相談する」「たくさん稼げる仕事につく(転職する)」の選択肢から複数回答していただいた結果、本やブログ・記事など自分で勉強する行動がそれぞれ半数ほどいらっしゃいました。また、セミナーに参加する人は約40%、ファイナンシャルプランナーに相談する人が14%でした。転職する(した)という方も13%いらっしゃって、アクティブに行動されている様子が伺えました。

Q3_資産を増やすため何か行動をしていますか、またはしたことがありますか?

Q3_資産を増やすため何か行動をしていますか、またはしたことがありますか?

具体的には、セミナーは証券会社や銀行などが主催するセミナーのほか不動産投資のセミナー、オンラインの資産形成セミナーに参加するという方もいました。

お気に入りのニュースサイトやブログ、Twitter、Instagramなどを日々ウォッチする、また、「ブログで不動産や株式投資している仲間を見つけ情報交換をしている」など情報交換をする上でも仲間をみつけることが重要だと考えている意見もありました。

ネットを活用して情報収集をし、そこから本を手に取ったりセミナーに出かけたり人に会ったりしている様子がうかがえます。中には「起業」して資産を増やそうとしている方もいました。

まとめ

世界の経済状況や社会環境の変化は読めませんが、ご自分で何かしら対策をしていると、安心感と自信につながるのではないでしょうか。

RENOSYでは、人生100年時代を少しでも安心して楽しく暮らせるようなお手伝いができればと考えています。ぜひ、いつでもご相談ください。
 

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

  • JPX 東証マザーズ上場

    RENOSYは東証マザーズ上場企業である株式会社GA technologiesが運営しています。

  • RENOSY x 川崎フロンターレ RENOSYは川崎フロンターレのオフィシャルスポンサーです。 RENOSY x 川崎フロンターレ RENOSYは川崎フロンターレのオフィシャルスポンサーです。
老後の生活、年金だけで大丈夫? RENOSY ASSET