不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. 投資する
  3. iDeCo、NISA…結局どれがいいの? 投資の第一歩を迷ったら読んでほしい記事4選
投資する
2021.12.24

iDeCo、NISA…結局どれがいいの? 投資の第一歩を迷ったら読んでほしい記事4選

iDeCo、NISA…結局どれがいいの? 投資の第一歩を迷ったら読んでほしい記事4選

いざ「投資を始めよう」と決断したつもりが早何カ月……という方、いらっしゃいますよね。相談できる人が身近にいないと、始めたいのにそこでストップしてしまいがち。そこで、具体的な投資商品・投資方法を解説する記事をまとめてご紹介します。

楽天証券で人気の投資信託10商品はこちら!

楽天証券で人気の投資信託商品を解説! ネット証券はなぜ好調?

金融庁の基準をクリアした商品のみが並ぶ「つみたてNISA」は、買える商品のほとんどが投資信託です。しかし、つみたてNISAの投資信託は193本(2021年10月25時点)もあります! たくさんありすぎてどう選べばわからないという方へ、利用者が激増した楽天証券での人気商品を解説します。つみたてNISA対応の商品も6つランクインしています。

人気の投資信託10商品がわかる記事はこちら

お金のプロがすすめる投資信託はこちら!

お金のプロが選ぶ、おすすめの投資信託はズバリこの3本!

人気を集めている商品を選べばいいの?と不安な方向けに、お金のプロが、具体的に3つの商品を解説した記事です。投資信託の仕組みから、商品選びの際に見るべきポイントもわかります。上記記事と重なる商品もあります。

お金のプロがすすめる投資信託商品はこちら

つみたてNISAの設定後「まだ何かできる」と始めた不動産投資

iDeCoやNISAを始めたあと、別の投資もしたくて、不動産投資を始めました

社会人3年目にiDeCoとつみたてNISAをスタート。運用が始まったあと、まだ何かできると気づき、「投資信託以外の投資を始めたい」と不動産投資を選ばれた方のインタビューです。

オーナーインタビューを読む

1万円〜1.5万円で続ける不動産投資

【マンガで読む不動産投資】不動産投資の仕組みやメリット、リスクとは

一般的に、投資はかけた金額に応じてリターンが得られる仕組みです。ネット証券なら100円から投資信託が買えますが、利益も数円〜数十円というわけです。つみたてNISAの場合でも、かけられる金額は月々最大33,000円程度。それに対して不動産投資は、かけるお金に対してのリターンが大きく、投資効率を高められるのが特徴です。その仕組みをマンガでご紹介します。

マンガを読む

投資は一度始めたら終わりではない

投資は買ったら終わりではなく、iDeCoなど特別な目的以外は、売りたいと思ったときに売ることができます。投資は1種類に限定する必要もなく、結果を見ながら調整していくものです。ぜひ最初の一歩として、上記記事を参考にしていただければと思います。

【関連リンク】
ゼロから考える資産運用。はじめに読むべき記事10選

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

この記事を書いた人

RENOSYマガジン編集部

「不動産やお金の疑問をわかりやすく解決するメディア」を掲げ、本当にためになる情報の提供を目指すRENOSYマガジン編集部。税理士やファイナンシャルプランナーの人たちと共に、中立・客観的な視点で「不動産とお金」を解説、読んでいる人が自分の意思で選択できるように日々活動している。

Facebook Twitter Instagram LINE