不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. 投資する
  3. 【不動産投資をやってみた】体験レポート(第12−13話)
投資する

【不動産投資をやってみた】体験レポート(第12−13話)

2020.02.07

【不動産投資をやってみた】体験レポート(第12−13話)

この記事を書いた人 清水まゆみ

RENOSY マガジンスタッフです。 2017年から区分の不動産投資を始めました。メルマガやイベント等でもで初心者の体験談を語っています。 【不動産投資をやってみた】体験レポート
もっと読む

「不動産投資いいかも」という出会いがあって、RENOSYで不動産投資を始めた体験レポートです。前回までのレポートはその1その2その3その4その5です。よろしくお願いいたします。

第12話:最初の入金があった!

入金と聞いていたその日がやってきました。アプリで確認すると……2物件の家賃が振り込まれていました!

わ〜〜〜〜〜〜 ✨✨✨

銀行の残高が増えていて、テンションがあがりました。

画像

その後1週間ほどでローン返済の引き落とし日がやってくるので、残高が多い状態は少しの間の出来事です。

ですが、自分の資産総額が増えるという体験をしてみて、

「不動産投資をやっていなかったら起こらなかったことだよな〜〜」

っと、

何かが動いている、不動産投資をやっているんだ

という実感が湧いて、うれしくなりました。

今までにない感覚…!!
今までにない感覚…!!

修繕積立金と管理費は、別のタイミングで月末に引き落とされます。ここまでくると、残高も元通りとなり「いつもの日常」が戻ってきます。

資産総額の増減を楽しむ

始めて数ヶ月は、「増えた!」「減った!」とテンションが上がったり下がったり、毎月同じことの繰り返しなのに、何かが「動いている」という感覚を楽しんでいました。

月の中頃になって、マネーフォワードのアプリを起動させたとき、ホーム画面で資産総額が増えているのをみると、オォ……増えてる…と明るい気持ちになりました。

第13話:繰上返済をやってみた

営業の方とお会いしてから、契約を結ぶまでの会話の中で、「繰上返済はした方がいいんだ!」というマインドになっていました。

早くローンを返すに越したことはない。繰上返済をする!

そこで、引き渡し直後から、はりきって繰上返済をしました。

2物件あるため、どちらの物件から繰り上げた方がいいのか?を考えました。

「安い物件から繰り上げていった方がいい」と営業の方に言われた記憶も参考に、ただ私の物件は、2つの物件の購入価格がどちらもほぼ同じくらいだったので、ちょっとだけ高いけど「自分が住むならこっち」と思っている物件に数回、繰上返済をしました。

繰上返済のやり方も、わからないことの連続です。返済方法が2種類あるところでも迷いました。

  • 期間短縮型
  • 返済額軽減型

悩んだ末、期間短縮型を選びました。

繰上返済をした後は、ローン返済予定表も微妙に変わっていました(……というくらいの理解度です)。

RENOSYマガジンで知らないことを知る

繰上返済に関連して、少々話が飛びます。

ご縁があって、RENOSYを提供しているGA technologiesに入社することになりました。

お世話になった営業の方と同じ会社に入社!という不思議な感覚を味わいましたが、飯田さんからは入社前と変わらず

飯田飯田

何かあったらいつでもご連絡ください

と言っていただいたので、心強かったです。

そして、RENOSYマガジンの記事を読むようになります。

数年前のRENOSYマガジン
数年前のRENOSYマガジン

そしてあるとき、繰上返済に関する記事を目にしました。

「え、デッドクロスって何?」

不動産投資におけるデッドクロスとは?

…と、もともとのデッドクロスの意味も知らないのですが、この記事を読んで、

まだ早かったか!

と、繰上返済したことをちょっと後悔しました。

数十万円分、自分としてけっこうがんばった繰上返済金額でした。 

ローンの返済金額に占める利息の割合が多い間は、繰上返済はやめておこう!と、記事を読んだ時は思いました。

不動産投資を始めた後で、RENOSYマガジンの記事を読みながら、不動産投資は経費としてカウントできるものがあるんだ、ということをなんとなくつかみました。

ただ一方で、「貯めることができない」という長年の習慣があるため、「使ってしまうくらいだったら、早く繰上返済するのもアリかな」という側面もあります。

そしていま、不動産投資に関する本を何冊か読んで、始めてまもなく2年半になる今、いますぐ繰上返済はせず、イザという事態が起こった時のために「いつでも繰上返済ができるように資産を用意しておかなければっ」と思っています(これからも勉強を続けます)。

つづく

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

facebook twitter