不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. リノベーション
  3. リノベーションの醍醐味!オリジナルキッチンの種類と魅力
リノベーション

リノベーションの醍醐味!オリジナルキッチンの種類と魅力

2018.04.03 更新日 2020.10.05

リノベーションの醍醐味!オリジナルキッチンの種類と魅力

この記事を書いた人 RENOSYマガジン編集部

「不動産やお金の疑問をわかりやすく解決するメディア」を掲げ、本当にためになる情報の提供を目指すRENOSYマガジン編集部。税理士やファイナンシャルプランナーの人たちと共に、中立・客観的な視点で「不動産とお金」を解説、読んでいる人が自分の意思で選択できるように日々活動している。
もっと読む

リノベーションするのであれば、ほとんどの人がこだわりたいのがキッチンでしょう。 夫婦やファミリーの場合は、キッチンを決め手にリノベーションプランを希望する場合も少なくありません。キッチンの種類やリノベーションで実現できるオリジナルキッチンの魅力について紹介します。

オリジナルキッチンとシステムキッチンの違い

キッチンは大きく分類して「オリジナルキッチン」と「システムキッチン」に分けられます。

「オリジナルキッチン」は完全なオーダーメイドで、キッチンカウンターの高さ、天板の広さ・素材、デザイン、機能、レイアウトなどを自由に設計し、世界でたった一つのオンリーワンキッチンを作ることが可能です。

一方「システムキッチン」は、キッチンメーカーのユニットを選んで組み合わせる機能性重視の量販タイプです。とはいえ、昨今のシステムキッチンは素材・カラー・機能・サイズの選択肢が豊富に用意され、好みでセレクトすることでかなり自由度の高い理想的なキッチンを実現することも可能です。

対面キッチン、アイランドキッチン、セパレートキッチン、壁付けキッチンの特徴

キッチンレイアウトには多彩なタイプがあり「どんなキッチンにするか?」はリノベーションの醍醐味の一つ。お料理の頻度やライフスタイル、好み、家族構成などで楽しく検討してみましょう。

対面式カウンターキッチン

昨今もっとも人気が高いのが、この対面式カウンターキッチン。子どもに目を配りながら料理をしたり、家族とコミュニケーションもできるので、ファミリーにおすすめです。

アイランドキッチン

アイランド(島)という名の通り、キッチンが独立したレイアウト。ホームパーティーにも最適で少人数の料理教室にも向いていますが、キッチンのスペースを大きく取らなければいけないのが難点です。

セパレートキッチン

コンロとシンクが背中合わせに分かれたセパレートキッチンは、オリジナルキッチンならでは。コンロを壁側にすることで、リビングダイニングに調理の匂いや煙が行くことを防ぐレイアウトも可能です。家事動線が効率的なので忙しい共働きのご家庭にもおすすめ。

壁付けキッチン

昔ながらの独立した壁付けキッチン。リビングダイニングと離れた個別スペースでは集中して料理できるため、本格的なお料理をする方に今も好まれています。

高さ、広さは体格やお料理頻度、好みなどに合わせて

オリジナルキッチンの醍醐味は、ジャストサイズのキッチンが実現できること。カウンターの高さを使う人の身長に合わせ、天板の広さもお料理の頻度やよく作る料理に合わせて決めることができます。

また夫婦でお料理を楽しんだり、子供がお手伝いしやすいように、幅や広さを取ることもできます。

天板・腰壁の素材選びも自由に楽しめる

オリジナルキッチンでは、オーブンや食器洗い機などを憧れの海外メーカーからもチョイスできますが、キッチンの素材選びを楽しめるのも魅力です。

例えばキッチン天板の素材一つにしても、大理石、タイル、ステンレスなど豊富。デザインを重視するか、お手入れのしやすさを重視するかなど、お好みで選びましょう。

キッチンの腰壁や壁のモザイクタイルに遊び心を取り入れて、空間や家具とトータルコーディネートを楽しむことができるのも醍醐味です。

おしゃれな家具調キッチンでインテリアの一部のように

昨今のキッチンはリビングダイニングスペースと近いことから、あまり生活感を見せないスタイリッシュなデザインが好まれています。特に対面式キッチンでは、腰壁に独創的な装飾を施すことも好まれています。

キッチンをおしゃれな家具調にして、まるでインテリアの一部のようにする例も。

お酒が好きなご夫婦なら、キッチンカウンターをおしゃれなショットバーのような空間にするのも素敵ですね。

理想のキッチンは物件選びから

自由なオリジナルキッチンはリノベーションの魅力ですが、中古マンションの場合は元のキッチンの位置や排水・配管の流れによって、希望のレイアウトができない場合もあります。

確かめずに先に物件を買ってしまい「理想のキッチンにできなかった」「何とかできたけど、無理な位置変えで予算オーバーしてしまった」という例も見られます。

こだわりのオリジナルキッチンを希望するなら、プロに相談した上で一緒にマンションを内覧し「希望のキッチンを実現できるか」も確認の上で物件を購入するようにしましょう。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

リフォーム・リノベーションの疑問はプロに相談。

facebook twitter