不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. リノベーション
  3. 「新居をリノベーションで迎える」ー RENOSYリノベ事例
リノベーション

「新居をリノベーションで迎える」ー RENOSYリノベ事例

2020.10.29

「新居をリノベーションで迎える」ー RENOSYリノベ事例

この記事を書いた人 清水まゆみ

RENOSY マガジンスタッフです。 2017年から区分の不動産投資を始めました。メルマガやイベント等でもで初心者の体験談を語っています。 【不動産投資をやってみた】体験レポート
もっと読む

RENOSYでは、中古マンションの家の中をいったん全部なくして、ゼロからお客様と一緒に、おうちづくりを行っています。フルリノベーションはもちろん一部のお部屋だけをリノベした例もあります。RENOSYでリノベーションした事例をご紹介します。

シンプル&クール

今回の施主様はウェブデザイナーとウェブディレクターのお二人。結婚を機にお二人が新居に選ばれたのは、都心のマンション。都心の駅近物件は、何をするにも、どこに出かけるのも何不自由なく生活できる、バツグンの立地です。

エージェントとの相性もマッチ

RENOSYに問い合わせ後、お二人とエージェントとの打ち合わせが始まります。希望の条件を伝えたあと、物件候補のマイソク(販売図面)を100枚ほど大量に受け取ります。3物件まで絞った物件には、どれも手書きの☆マークがついていました。それはエージェントからのおすすめ物件。

「あえて希望とも違う物件を混ぜることで、希望と本当にあっているかを確認するための工夫」がされていて、エージェントのいいと思う物件と意見が一致したことで、わかってくれているな、と安心してリノベーションプロジェクトがスタートしたそうです。

選んだ物件はこちら

選んだ物件はこちら

都会の喧騒と隣り合わせにある家は、静寂さを感じさせるクールな印象。

担当した設計士は「かっこいい、男性ぽいデザイン」とコメントしましたが、奥さまと旦那さまの意見が一致して、シンプルかつモダンな空間が完成しました。

お二人が身にまとうファッションからも、この空気感はうなずけます。身につけられる洋服も、黒をはじめとして、落ち着いた色が多いお二人。

床に遊び心をもたせて、全体的には落ち着いたトーンでまとめています。

細部まで計画したお二人

お二人で決めたアイデアは、

「ライト、ドア、ドア枠、扉、コンセントは黒に統一する」
「水栓やお風呂場の棚などのパーツはシルバーで統一」

と、これまたお二人のイメージに合うなぁという内容。機能別に、カラーを設定されました。

キッチン

まな板や鍋敷きいらずのセラミックのワークトップを採用

おうちの特徴のひとつ、コンロとシンクがわかれたII型キッチン。色は黒。

お料理するお二人だから選ばれたセラミックのワークトップ(天板)は、まな板や鍋敷きいらずです。

ガスコンロの右下は電子レンジなどが入るスペースに。スッキリさせるために一役買っています。

コンロとシンクがわかれたII型キッチン
作業スペースも2つにわかれているから、二人同時の作業も効率よくできそう

天井も壁も、モルタル仕上げ

もう、お気づきかもしれませんが、このおうちは、天井までモルタル仕上げ。職人さんの手間がかかっています。

天井も壁も、モルタル仕上げ

照明はブラケットライトにして、配管もむき出しに。

シンク側の腰窓はモールテックス仕上げ
シンク側の腰窓はモールテックス仕上げ

壁に接して扉もあることから、生活の振動が頻繁に起こる場所。なので、モールテックスで仕上げました。通常のモルタルよりも、粘りがあって割れにくい。衝撃に強くて、ヒビが入りにくく、水にも強いです。

玄関からつづく扉も黒でマットに仕上がっています。

リビング

リビングの壁の一部も、モルタル仕上げ
リビングの壁の一部も、モルタル仕上げ。ブレません

後日、ここにはテレビがセットされます。

テレビ台がセットされたところ
テレビ台がセットされたところ

寝室

空気の入れ替えもできる室内窓
リビングと寝室の間にある室内窓

仕切りの役割と圧迫感のない空間づくり、空気の入れ替えも同時に実現しました。

扉を開けるとそこは東京のど真ん中
扉を開けるとそこは東京のど真ん中

後日、バルコニー側の扉には、幅広の、垂直ブラインドがかかるのですが、いい感じの目隠しになり、リラックスした時間を過ごせます。

寝室の奥に、ウォークインクローゼット

寝室の奥に、ウォークインクローゼット。

ウォークインクローゼットに寄ったところ
クローゼットに近づいてみました

パウダールーム

キッチンからつながるパウダールームには造作の洗面台
造作の洗面台

奥さまのご希望で、キッチンからパウダールームにつながっています。

玄関ホール

広めにつくった玄関もともとの家は玄関が狭く、リノベーションで広めにつくった玄関。

玄関にもクローゼットがあり、扉には鏡がついているので、身だしなみもバッチリです。

念入りな計画

旦那さまが書かれたメモ
旦那さまが書かれたメモ

設計士さんにお任せにするのではなく、「自分たちの家をどうしようか」

かなり考えて作られたことがわかる書き込みの数々。

おうちが完成したいま、お料理を楽しみながら、豊かな毎日が始まっている頃でしょう。

物件情報

間取り 1LDK
構造 鉄骨鉄筋コンクリート
完工時築年数 2001年2月(築19年)
エリア 東京都新宿区
世帯構成 ご夫婦
広さ 35.8m2
物件価格 3,400万円
リノベーション費用 700万円
月支払い 13.5万円
以前の住まい 渋谷区
以前の家賃 7万円(1人)

間取り

BEFORE

BEFORE

BEFORE AFTER

AFTER

AFTER設計デザイン:山口 智史
現場管理:藤井 和彦
撮影:今井 淳史(日本建築写真家協会会員)
エージェント:三村 豊

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

リフォーム・リノベーションの疑問はプロに相談。

Facebook Twitter Instagram