不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. リノベーション
  3. 住まい探しに「リノベーション」という選択肢、新築よりも賢い選択?
リノベーション

住まい探しに「リノベーション」という選択肢、新築よりも賢い選択?

2016.08.01

住まい探しに「リノベーション」という選択肢、新築よりも賢い選択?

この記事を書いた人 RENOSYマガジン編集部

「不動産やお金の疑問をわかりやすく解決するメディア」を掲げ、本当にためになる情報の提供を目指すRENOSYマガジン編集部。税理士やファイナンシャルプランナーの人たちと共に、中立・客観的な視点で「不動産とお金」を解説、読んでいる人が自分の意思で選択できるように日々活動している。
もっと読む
住まい探しをする際には、新築物件か中古物件かという選択肢で探す人も多いと思いますが、実は新たに「リノベーション」という「第3の選択肢」を加えることで、よりニーズに近い物件を見つけることができるようになります。そこで今回は、リノベーションをすることによって得られる具体的な「メリット」について解説したいと思います。

1. 住宅を希望の条件に合わせられる

住まいの探し方としては、新築でも中古でも希望の間取りや設備を書き出し、それに合った物件がないかを探していくのが一般的です。しかし、この方法だと住みたい地域や最寄り駅に希望に合う物件が見つからないことも多く、結局条件に合う物件を見つけるために、希望するエリアを妥協してしまうことも多いのではないでしょうか?

そんな時に「リノベーション」という第3の選択肢があれば、状況を変えられます。リノベーションは原則として「自由設計」のため、これから購入する人の希望に家の方から歩み寄ってもらうことができます。場所が良くても間取りが気に入らなくて選択肢から外れていたような物件でも、自由設計ができるリノベーションをすることで、場所を妥協することなく、希望通りの物件を手にすることができるのです。

リノベーションだから実現できる、大きなメリットといえるでしょう。

2. 住宅を間取りごと変えられる

リフォームの場合は、古く劣化した状態から元の状態に戻すことを目的としているため、出来上がりの見た目はきれいになるものの、住宅自体の使いやすさについては、リフォーム前とあまり変わりません。

これに対しリノベーションの場合は、住宅の間取りに丸ごと変更を加えるため、見た目がきれいになるのは当然のことながら、それ以上に自分が希望する、より使いやすい間取りに生まれ変わらせることができるのです。

3. 注文住宅と同等の満足感が得られる

本来、自分自身の希望を100%再現しようとすると、注文住宅でゼロから新築しなければ実現できません。しかしリノベーションであれば自由設計のため、構造上の許される範囲において、既存の中古住宅でも、注文住宅と同等の満足感を得ることができるでしょう。

また、リノベーション費用を含めても、注文住宅よりも中古住宅の方が大幅にコストを抑えることができるのも大きな魅力と言えます。

妥協したくないならリノベーション

新築よりも費用を抑え、中古物件を自分好みに自由設計できるリノベーションは、新築と中古物件のいいところを組み合わせた提案と言えます。住まい探しにリノベーションを取り入れることで、より選択肢の幅が広がるとともに、自分に合った住まいに辿りつくことができるのではないでしょうか?

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

リフォーム・リノベーションの疑問はプロに相談。

facebook twitter