不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. 投資する
  3. ネット不動産とは? 不動産取引の新常識・オンライン完結型の取引が可能に!
投資する
2022.03.17

ネット不動産とは? 不動産取引の新常識・オンライン完結型の取引が可能に!

ネット不動産とは? 不動産取引の新常識・オンライン完結型の取引が可能に!

今、不動産業界は、20年ぶりのパラダイムシフトを迎えようとしています。

その背景は、2022年5月頃に予定されている改正宅地建物取引業法の施行。今まで紙での交付や対面が必須だった契約手続きなどの規制が緩和されます。その結果、オンラインでの手続きが可能となり、不動産業界のデジタル化が加速していくでしょう。

日本における「規制産業とインターネットの融合」の代表例といえば、証券や銀行、生保。これらの産業でオンライン取引が可能となってからは、誰もが当たり前に利用しています。この動きが今、不動産業界で起きようとしています。

それはオンラインで完結できる不動産取引「ネット不動産」の解禁であり、「ネット不動産」時代の到来といっても過言ではないでしょう。

ネット不動産とは

2022年5月 改正宅地建物取引業法の施行 20年ぶりに起こる不動産業界のパラダイムシフト

「ネット不動産」を一言でいうと、オンラインで完結する不動産取引のこと。

従来の不動産取引は宅地建物取引業法上、対面での対応や紙の契約書の用意、郵送など、オフラインが中心でした。他の業種に比べてオンライン化が進んでいなかった背景はこの点にあります。

ですが、2022年5月に予定されている改正宅地建物取引業法の施行により、紙の契約書や対面での対応が必須ではなくなります。そのため、不動産業界は一気にオンライン化が進み、「ネット不動産」が当たり前の時代になると考えられるでしょう。

ネット不動産のメリットは不動産業者にだけではなく、利用者の利便性をも向上します。その結果として不動産取引が身近になり、誰もが当たり前に不動産取引をする時代が来るのではないでしょうか。

ネット不動産が実現する背景            

まず「デジタル社会」の形成のため、流通する情報のデータ化(デジタル化)を目的として、2021年にデジタル改革関連法が成立。この関連法整備の一環として、宅地建物取引業法の改正も進みました。

この改正により、不動産業においては以下が大きく変わります。

不動産売買契約やそのほか交付すべき書類、重要事項説明の実施
  • 今まで)紙による交付が義務で押印が必要、重要事項説明は対面での実施が義務
  • 改正後)紙ではなくデータでの交付が可能で押印は不要、重要事項説明書はテレビ会議などを活用した非対面での実施、電子交付が可能

紙ではなく電子データで、対面ではなく非対面での対応も可能となるため、ネット不動産の実現が可能になるのです。     

ネット不動産の取引とこれまでの不動産取引の違い

これまでの不動産取引とネット不動産の取引の違いネット不動産の解禁により不動産取引におけるユーザー体験にも大きな変化が生じます。

不動産取引は「知る・探す」「比較・検討する」「申し込む・契約する」「契約後」の4つのフェーズに分けられますが、特に「比較・検討する」「申し込む・契約する」「契約後」のユーザー体験の向上が期待できます

例えば、これまで必須だった対面での説明や現地での確認の必要性は低くなり、スマホやPCを使って自宅からオンラインで不動産取引を完結できるようになるのです。

比較する・検討する

これまでは対面での面談や紙による物件提案が一般的でしたが、ネット不動産の解禁によりオンラインでの面談や物件選定が当たり前になっていきます。

今後は物件の写真や動画撮影を行い、オンラインで内見ができるツールやサービスの重要性も高まるでしょう。

申し込む・契約する

これまでは書面の交付や押印、重要事項説明の対面での実施が必要でしたが、改正宅地建物取引業法の施行によりデータでの交付が可能で押印は不要、重要事項説明も非対面で電子データでの交付が可能になります。

これにより、利用者は何枚も契約書を書かなければならなかった手間や対面といった契約に関する負担から解放されるでしょう。

契約後

これまでは契約書関連の管理が煩雑でしたが、ネット不動産の解禁により電子データでの管理が可能となります。

これにより、契約書関連はもちろん不動産取引に関するデータを管理するツールの重要性が高まるでしょう。各社、独自のツールの開発やアップデートにより、さらなるユーザー体験の向上が期待できます。

ネット不動産解禁が、不動産取引の当たり前を変える

ネット不動産の解禁により、場所や時間を問わずオンライン完結で不動産を購入できる体験は、不動産の価値そのものを変えていくでしょう。

例えば、北海道に住みながら東京や大阪の不動産を取引できたり、海外にいながら日本の不動産を取引できるようになれば、不動産取引が活発化し、不動産の流動性が高まるだけでなく、不動産価値の向上も期待できます

ネット不動産の解禁により、近い将来、投資の選択肢の一つとして不動産取引が当たり前になる日も来ることでしょう。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

この記事を書いた人

RENOSYマガジン編集部

「不動産やお金の疑問をわかりやすく解決するメディア」を掲げ、本当にためになる情報の提供を目指すRENOSYマガジン編集部。税理士やファイナンシャルプランナーの人たちと共に、中立・客観的な視点で「不動産とお金」を解説、読んでいる人が自分の意思で選択できるように日々活動している。

Facebook Twitter Instagram LINE