不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. 投資する
  3. 大阪市を東西横断! 仕事にもプライベートにも使い勝手の良いOsaka Metro中央線(阿波座、本町、堺筋本町、谷町四丁目)|まちの住みやすさ発見
投資する
2021.07.23

大阪市を東西横断! 仕事にもプライベートにも使い勝手の良いOsaka Metro中央線(阿波座、本町、堺筋本町、谷町四丁目)|まちの住みやすさ発見

大阪市を東西横断! 仕事にもプライベートにも使い勝手の良いOsaka Metro中央線(阿波座、本町、堺筋本町、谷町四丁目)|まちの住みやすさ発見

見知らぬ土地に不動産を購入する際は、物件だけでなく周辺の環境を知っておきたいもの。現在の様子はもちろん、未来のまちを事前に把握できると、購入物件の将来の資産価値も予想しやすくなります。「まちの住みやすさ発見!」では、さまざまな角度からまちのよさに迫ります。

今回は、大阪市内を東西に横断する路線・Osaka Metro中央線(阿波座、本町、堺筋本町、谷町四丁目)をご紹介します。

Osaka Metro中央線は大阪市を東西に横断

Osaka Metro 中央線 路線図

Osaka Metro中央線(以下、中央線)は住之江区のコスモスクエア駅から東大阪市の長田駅までを結ぶ路線で、大阪市を東西に横断。キタとミナミにアクセスしやすいのも魅力です。路線のカラーには大阪城公園の木々をイメージした緑色が使われています。

また中央線は、2025年に開催される大阪・関西万博に向けて沿線の延伸計画があります。「大阪港トランスポートシステム北港テクノポート線」として、大阪・関西万博の最寄駅となる「夢洲駅」まで延伸される予定です。完成は2024年を目標に進んでいます。

大阪市の大規模再開発

大阪市の開発は「キタ」が中心となっていますが、新たに「ニシ」とも呼ばれるエリア開発にも注目が集まっています。日本のみならず世界からも注目される街として今後も発展が期待されている大阪。ここでは「キタ」と「ミナミ」の再開発の概要をご紹介します。

キタの開発

グランフロントの西側で工事が始まったうめきた2期開発事業の様子(2021年5月26日撮影)
グランフロントの西側で工事が始まったうめきた2期開発事業の様子(2021年5月26日撮影)

大阪市の再開発で規模が大きいのは、2002年から始動した「うめきたプロジェクト」です。場所はJR大阪駅の北に位置する約24haで、一区画は2013年に「グランフロント大阪」として開業しました。現在「うめきた2期」が進められています(約17ha)。

ミナミの開発

南海電鉄なんば駅前
南海電鉄なんば駅前

キタの再開発よりも先に、2003年開業「なんばパークス」や2014年開業「あべのハルカス」などミナミの再開発は行われました。

「大丸心斎橋本店本館」の建て替え・大丸心斎橋店北館の全面リノベーションで、2020年11月に9年ぶりに再開した「心斎橋パルコ」もありますが、先行して開発していたため、キタと比べると落ち着いています。

▼大阪市の再開発情報を詳しく知る
梅田の再開発を中心に加速・進化する、大阪の未来

中央線の乗降者数

中央線の利用者数は堺筋本町駅で94,776人、本町駅で181,920人と大阪市の中では利用者数の多い路線です(2019年度1日平均)。中央線はビジネス街である本町駅や堺筋本町駅などを通っているため、社会人を中心に常に一定の需要が見込めます。

阿波座、本町、堺筋本町、谷町四丁目の基本情報

人口推移

駅周辺の人口の推移
駅周辺の地名ごとに各区の人口データをまとめRENOSYが独自作成

中央線沿線の人口は2012年から2021年(2021年3月時点)にかけ増加しています。堺筋本町はオフィス街のため居住エリアは少なかったのですが、近年ではマンション建設が進んでいることから人口は伸びています。また、沿線にはこれから再開発が行われる駅があるため、今後も安定した賃貸需要が見込めるでしょう。

電車の混雑度

中央線の混雑率は、最も混雑する森ノ宮駅〜谷町四丁目駅間(7:50〜8:50)で140%で、大阪市の平均126%よりも少し高い数値となっています。オフィス街である堺筋本町と本町を通る人気路線のため、ラッシュ時には混雑が見込まれます。また、電車本数は3〜4分に1本(8時台)と多く、ほとんど待つことなく、スムーズな移動が可能です。

中央線のまちの様子

阿波座(本町まで約1分)

阿波座駅
阿波座駅

大阪を代表するオフィス街の一つ・本町から1駅の阿波座。さらに梅田と難波の中間という好立地であり、マンション建設も進んでいることから人口は増え続けています。

利用可能路線は、Osaka Metro中央線の阿波座駅に加え、千日前線の阿波座駅と2線も使えるのは魅力。

阿波座駅周辺(なにわ筋)
阿波座駅周辺(なにわ筋)

大阪の中心部なので中央大通や本町通、あみだ池筋、なにわ筋といった主要道路へのアクセスも快適です。タクシーや車を利用する際は非常に便利でしょう。

靱公園
靱公園(阿波座駅より徒歩約1分)

ビジネス街の憩いの場として愛されている都市公園「靱(うつぼ)公園」。公園の中央を南北に通る「なにわ筋」によって東園と西園に分けられています。桜の名所としても有名で、春には賑わいを見せています。

MUC COFFEE ROASTERS うつぼ公園店
MUC COFFEE ROASTERS うつぼ公園店(阿波座駅より徒歩約7分)

靱公園周辺にはカフェが多く、休日は公園を散歩した後にカフェで一息、なんて過ごし方ができそうですね。

左上から時計回りに、ビオラル靱店、やよい軒 阿波座店、ライフ阿波座駅前店、ローソンストア100 西区立売堀店
左上から時計回りに、ビオラル靱店(阿波座駅より徒歩約2分)、やよい軒 阿波座店(阿波座駅より徒歩約1分)、ライフ阿波座駅前店(阿波座駅より徒歩約1分)、ローソンストア100 西区立売堀店(阿波座駅より徒歩約2分)

駅周辺にはオーガニックや健康にこだわった商品を取り揃えている「ビオラル」や「ライフ」といったスーパーから飲食店、コンビニが豊富にあります。このエリアで食生活に困ることはないでしょう。

本町

本町駅
本町駅

大阪を代表するオフィス街の一つ・本町。本町は梅田となんば(難波)まで2駅と、キタとミナミへのアクセスに優れた場所です。また、本町駅から10分ほど歩けば心斎橋・なんばの繁華街に行けるのも嬉しいポイント。

利用可能路線は、Osaka Metro中央線の本町駅以外に加え、Osaka Metro御堂筋線・四つ橋線の本町駅と3線も使えるのも魅力です。

本町駅周辺の街並み
本町駅周辺の街並み

本町は大阪の中でも有数のビジネス街。日中は会社員がいるので賑やかですが、夜はとても静かです。

靱公園
靱公園(本町駅より徒歩約7分)

駅の北側にはビジネス街の憩いの場として愛されている都市公園「靱(うつぼ)公園」。公園の中央を南北に通る「なにわ筋」によって東園と西園に分けられています。

市内でも歴史にあるバラ園や四季の移ろいを感じられるケヤキ並木、国際大会にも利用可能な靱テニスセンターがあります。また、園内には作家・梶井基次郎の文学碑があり、「檸檬」の一節が刻まれています。

左上から時計回りに、hanafru / FRUIT 御堂筋店、スターバックス コーヒー南御堂ビルディング店、セブン-イレブン御堂筋本町店、シアトルズベストコーヒー大阪御堂筋本町店
左上から時計回りに、hanafru / FRUIT 御堂筋店(本町駅より徒歩約7分)、スターバックス コーヒー南御堂ビルディング店(本町駅より徒歩約1分)、セブン-イレブン御堂筋本町店(本町駅より徒歩約2分)、シアトルズベストコーヒー大阪御堂筋本町店(本町駅より徒歩約3分)

ビジネス街らしくカフェやコンビニが多いのは特徴の一つ。このほかにスーパーやドラッグストアもあり、普段の買い物に困ることはないでしょう。

堺筋本町(本町まで約1分)

堺筋本町駅
堺筋本町駅

江戸時代、一帯は「船場」と呼ばれ商業の中心になった堺筋本町。当時の名残から現在でも繊維・商社・金融系の会社が多いのも特徴です。堺筋本町駅から15分ほど歩けば心斎橋・なんばの繁華街に行ける立地も魅力です。

利用可能路線は、Osaka Metro中央線の堺筋本町駅に加え、御堂筋線の堺筋本町駅と2線も使えるのは魅力。

本町通
本町通

大阪市のほぼ中央を東西に走る主要道路・本町通に加え中央通へのアクセスが快適ですので、タクシーや車を利用する際は非常に便利です。

船場センタービル
船場センタービル(堺筋本町駅より徒歩約3分)

1970年に開業し地元の人から「せんびる」と呼ばれ長年愛されている商業ビル「船場センタービル」。堺筋本町駅から本町駅までの東西に約1km続く館内には、繊維製品店をはじめ飲食店や雑貨店など、約800もの店舗が並んでいます。

左上から時計回りに、ライフ堺筋本町店、キリン堂 堺筋本町店、スターバックス コーヒー 堺筋本町店、ホリーズカフェ 堺筋本町店
左上から時計回りに、ライフ堺筋本町店(堺筋本町駅より徒歩約4分)、キリン堂 堺筋本町店(堺筋本町駅より徒歩約1分)、スターバックス コーヒー 堺筋本町店(堺筋本町駅より徒歩約1分)、ホリーズカフェ 堺筋本町店(堺筋本町駅より徒歩約1分)

駅周辺にはスーパーをはじめドラッグストアやカフェ、飲食店などさまざまなお店が豊富です。せんびるもあることから、このエリアは生活に必要なお店は揃っているといえるでしょう。

谷町四丁目(本町まで約3分)

谷町四丁目駅
谷町四丁目駅

大阪城公園が近く、緑豊かな生活を楽しめる谷町四丁目。

利用可能路線は、Osaka Metro中央線の谷町四丁目駅に加え、Osaka Metro谷町線の谷町四丁目駅と2線も使えます。

大阪城公園
大阪城公園(谷町四丁目駅より徒歩約8分)

大阪の中心に位置する都市公園「大阪城公園」。公園内には歴史的建造物のほか、「大阪城ホール」や「スターバックス コーヒー」、商業施設「JO-TERRACE OSAKA」​など魅力的な施設も充実しています。

左上から時計回りに、難波宮跡公園、イズミヤ 法円坂店、大阪府庁、モナコ
左上から時計回りに、難波宮跡公園(谷町四丁目駅より徒歩約8分)、イズミヤ 法円坂店(谷町四丁目駅より徒歩約5分)、大阪府庁(谷町四丁目駅より徒歩約5分)、モナコ(谷町四丁目駅より徒歩約1分)

周辺には歴史公園「難波宮跡公園」や「大阪府庁」といった歴史的な建造物や、大型スーパー、昔ながらのお店など、さまざまな魅力が混じり合っています。穏やかな時間を過ごせるでしょう。

中央線は仕事にもプライベートにも使い勝手良し

中央線はビジネス街はもちろん、キタとミナミ、世界最大級の水族館「海遊館」、大阪城、大阪城公園にもアクセスがしやすいので、仕事にもプライベートにも使い勝手のいい路線です。今回ご紹介したエリアは、特に社会人にとっては最高の立地といえるでしょう。今後も中央線は安定的な賃貸需要が予想されます。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

この記事を書いた人

RENOSYマガジン編集部

「不動産やお金の疑問をわかりやすく解決するメディア」を掲げ、本当にためになる情報の提供を目指すRENOSYマガジン編集部。税理士やファイナンシャルプランナーの人たちと共に、中立・客観的な視点で「不動産とお金」を解説、読んでいる人が自分の意思で選択できるように日々活動している。

Facebook Twitter Instagram LINE