不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. 売る
  3. 30年後に売却しても資産価値が落ちないのはどんなマンション?
売る

30年後に売却しても資産価値が落ちないのはどんなマンション?

2020.08.28 更新日 2020.10.05

30年後に売却しても資産価値が落ちないのはどんなマンション?

この記事を書いた人 RENOSYマガジン編集部

「不動産やお金の疑問をわかりやすく解決するメディア」を掲げ、本当にためになる情報の提供を目指すRENOSYマガジン編集部。税理士やファイナンシャルプランナーの人たちと共に、中立・客観的な視点で「不動産とお金」を解説、読んでいる人が自分の意思で選択できるように日々活動している。
もっと読む

マンションを購入してから30年が経過すると、家族構成やライフスタイル、周辺の住環境も変化しているでしょう。築年数が30年経過したマンションを売却するにはどのようにすればよいでしょうか? 30年後のマンションの資産価値から、築年数が経過したマンションを売るコツまで解説します。

築30年経ったマンション、資産価値はある?

一般的にマンションは、築年数が経過すると資産価値が下がっていきます。しかし、築年数が30年を超えたマンションでも、資産価値がゼロになることは基本的にありません。時間の経過とともに低下するのは建物部分の資産価値で、土地部分の資産価値は変わらないからです。

ただしマンションの建っている場所によって、資産価値が低下する速さや最終的な資産価値が異なります。たとえば、スーパーやショッピングモールのような商業施設、病院や学校などの施設が近くに建っている生活の利便性が高いマンションは、資産価値が下がりにくいです。

また再開発が行われた駅前に建っていたり、新しく道路ができたり拡張されたりしたエリアのマンションは、逆に資産価値は上がるといわれています。

管理が行き届いているマンションを購入する

マンションは管理状態が良いと100年以上持つとも言われます。つまり管理が行き届いているマンションは、築30年を超えても長く住み続けることが可能です。

反対に管理が行き届いていないと、長持ちしないだけでなく資産価値も大幅に低下していきます。

マンションの管理状況は、修繕計画や総会の議事録を閲覧すると確認できます。またエントランスや駐輪場、外壁、ゴミ捨て場など共用部分をみることでも管理のよしあしが判断されます。

築30年を経過したマンション売却を成功させるコツ

築30年が経過したマンションは、決して需要がないわけではありません。ポイントをおさえて、希望の条件で売却できるように工夫しましょう。

築30年以上のマンションのメリットを把握する

築30年以上のマンションは、資産価値が底値になっていることがほとんどです。そうなるとマンションの価値によって金額が変わる固定資産税や都市計画税の負担も低いです。つまり築30年以上のマンションを購入すると、購入後の経済的負担も軽くなります。

築30年以上のマンションは、リフォームやリノベーションをする前提で購入する人の需要が見込めます。そのためマンションの売却前にリフォーム工事を行うのではなく、設備の修繕を必要最小限にとどめて販売価格を割引した方が売れる場合もあります。

マンション売却が得意な不動産会社に依頼する

不動産会社の中には、マンションの売却が得意な会社とそうでない会社があります。複数の不動産会社に相談し、売却が得意な会社に依頼しましょう。

またマンションの売却に力を入れている不動産会社は、以下のようなサービスを実施していることがあります。

  • インスペクション(建物現況調査)
  • 不動産会社独自の建物保証サービス
  • ハウスクリーニング

インスペクションとは、住宅に精通したプロである建築士が第三者という立場で建物の状況を把握するための調査です。建物にある欠陥の有無や劣化の状況、修繕や改修すべき箇所およびその時期・費用の概算などをアドバイスしてもらえます。

中古マンションの購入を検討している人は「マンションに欠陥があったらどうしよう」と不安になるものです。特に築年数が30年経過している場合、建物に対する不安も強くなります。そこで売却するマンションにインスペクションによる第三者の診断があると、買い手は安心して物件を購入できるのです。

建物保証サービスは会社ごとに異なりますが、買主への引き渡し後に、建物に雨漏りや構造耐力上主要な部分に不具合があった場合などに対して、不動産会社が一定の期間と範囲で保証するというものです。

30年経ったマンションの売却の流れ

マンションの売却にかかる期間は、一般的に3~6カ月ほどです。

築30年のマンション売却時に注意することは、万が一インスペクションで不具合がみつかった、もしくは瑕疵保険に加入するための検査で補修の必要性を指摘されたという場合に、補修作業の期間がさらに追加されることになります。そのため売却期間には余裕を持ちましょう。その他の売却の手順は、築年数に限らず同じです。 詳しくは「【マンション売却のポイント】手順・費用・注意点まとめ」を参照してください。

築年数が30年以上のマンションでも売却できる

築年数が30年以上のマンションでも、利便性が高かったり再開発が進んだりするエリアにあり、マンションの管理状態が良好であれば資産価値が上がる可能性もあります。マンションを売却するときは、築古物件ならではのメリットを第三者にアピールできる、信頼できる不動産会社と協力して売却活動を進めていきましょう。

【関連リンク】
マンション売却するなら。おすすめの不動産会社選びのコツ
【不動産査定】失敗しないための準備や事前に知っておきたいこと

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

私のマンション、いくらで売れるの?
かんたん45秒のスピード売却査定

私のマンション、いくらで売れるの? 無料売却査定
無料売却査定をする
Facebook Twitter Instagram