不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. 売る
  3. 空き家のマンションも売却できる! 売却方法とポイントまとめ
売る
2021.05.17

空き家のマンションも売却できる! 売却方法とポイントまとめ

空き家のマンションも売却できる! 売却方法とポイントまとめ

住居として利用していないマンションを空き家のまま所有していると、固定資産税管理費など出費ばかりがかさんでしまいます。そのような場合、売却するのも一つの方法です。今回は、空き家になっているマンションを売却する方法や売却にかかる費用、注意点などについて解説します。

空き家のマンションも売却できる

自身が住んでいない空き家のマンションを所有している場合、主に「賃貸として貸し出す」か「売却するか」の2つの方法があります。賃貸にすれば家賃収入を得られます。ただ立地によってはなかなか借り手がつかなかったり、管理をご自身でされる場合には入居者と煩雑なやりとりなどが発生する、マンションと自宅が離れていると管理が難しいといったこともあります。

そのため売却が適している場合もあります。長年空き家にしていたマンションでも売却できるのかと、心配に思う方も少なくないでしょう。一般的に、マンションの売却では住みながら買い手を探すケースが多いものです。なぜならば、売却資金を使ってマンションのローンを完済し、新たな住まいのローンを組みたいから。売却するマンションと新居の二重ローンを避けることが主な理由として挙げられます。

そのような心配がないケースでは、マンションを空き家で売りに出すのも珍しいことではなく、マンションを空き家のまま売却することは十分に可能といえます。

マンションを空き家で売却するメリット

マンションを空き家のままで売却する場合、住みながら買い手を募るよりもさまざまなメリットがあります。

内覧しやすい

マンションに住みながら売却活動を行う場合、売主が生活をしている環境で内覧を行います。家具などで実際の広さがわかりづらかったり、クローゼットの中などを確認できなかったり、時間を気にして満足に見られなかったりすることも少なくありません。その点、空き家での内覧は売主の生活に配慮する必要がないため、隅々まで確認でき、成約に至る可能性も高くなります。

積極的な販売活動ができる

住みながら売却活動を行う際は、内覧に立ち合わなければならず、不動産会社を通してスケジュールを調整するなどの手間がかかります。一方、空き家でのマンション売却は売主の立ち合いが必要ないため、不動産会社は内覧の希望があればすぐに対応でき、積極的な販売活動を行えるようになります。

売り出し価格を維持できる

住みながらのマンション売却では、引っ越しの予定などから、買い手がつかないまま最終的な売却希望日が近づくと売値を下げざるを得なくなるケースも発生します。空き家での売却は販売期限を定める必要がないので、価格を維持したままゆとりをもった売却活動が行えます。

マンションの引き渡しがすぐにできる

買い手が見つかった際、売主が売却するマンションに住んでいる場合は引っ越しを行う必要があり、引き渡しには一定の時間を要します。そのため、買い手ができるだけ早い物件の引き渡しを希望する場合は成約が難しくなります。一方、空き家であれば購入後すぐに引き渡すことが可能なので、住みながらの売却のように早急な引き渡しを希望している購入希望者を逃してしまう心配がありません。

空き家のマンションを売却する方法

空き家となっているマンションを売却する方法には、「不動産会社の仲介」「不動産会社による買取」「個人間売買」「空き家バンク登録」などの4つがあります。それぞれ特徴が異なるため、内容をよく理解して自身に合った方法を選びましょう。

不動産会社の仲介

不動産会社に仲介してもらって購入希望者を募る方法です。査定を行うことで適正な販売価格が設定できるほか、不動産会社のネットワークで幅広く告知ができるといったメリットがあります。また、買い手からの値下げ交渉がなければ希望する販売価格で売却することができ、マンション売却の中で、最も高値で売れる可能性が高い方法でもあります。契約が成立した際には、不動産会社への仲介手数料が発生します。

不動産会社による買取

不動産会社にマンションを買い取ってもらう方法です。直接買い取りとなるので仲介手数料を支払う必要はなく、仲介のように買い手を募る必要もないので、早急に売却したい方に適しています。ただ、不動産業者は買い取ったのちに自社の物件として売り出すため、リフォームリノベーションが必要になるマンションでは、売却価格からそれらの費用を差し引かれて、相場の6~8割程度に下がる可能性があります。

個人間売買

売主が自身で購入希望者を募って売却する方法です。不動産会社を挟まないため、希望の金額で売却しやすく、仲介手数料の負担もありません。すでに購入希望者がいる場合は募集の必要もなく、スムーズに契約することが可能になります。とはいえ、不動産売買に必要な書類の準備や手続きをすべて個人で行わなければならず、不動産会社へ依頼する場合に比べてかなりの手間がかかります。また、個人間売買では買主が銀行のローンを利用できないケースもあるので、事前に確認して対応を検討しておく必要もあります。

空き家バンク登録

「空き家バンク」とは、地方公共団体が運営する空き家の仲介サービスです。登録料や仲介手数料もかからず、希望の売却価格を提示できるメリットがあります。ただ、空き家バンクは仲介を行うだけなので、買主との交渉や、契約に伴う書類の準備や手続きなどは、すべて個人間売買と同様の手間がかかります。

空き家のマンションの売却時にかかる費用は

空き家マンションの売却を検討する際、販売方法のほかに、売却にかかる費用も知っておく必要があります。どのような費用がかかるのかを念頭に置くことは、物件の売却価格や可能な値引き幅を決めるときの参考にもなります。

修繕費

空き家期間が長かったなどで傷みや劣化がある場合は、修繕が必要で、その費用がかかります。リノベーションなど大掛かりな修繕を行う場合は、費用が高額になることもあります。

不動産売買手続きにおける諸費用

不動産売買では、登記費用や売買契約書の印紙税のほか、司法書士などに依頼した場合は報酬なども必要になります。また、不動産会社に仲介を依頼した場合は仲介手数料も必要です。

一括返済費用

マンションのローンが残っている場合は、ローン会社の抵当権が設定されているため売却できません。売却の前にローンを一括で完済して、抵当権を外す必要がありますが、ローンの繰上返済には費用を設定している金融機関がほとんどです。

注意すべきポイントもチェック

家は空き家の期間が長くなるほど、傷みやトラブルを起こしやすくなります。空き家となっているマンションを売却する際は、次の点に注意しましょう。

さびやカビ、臭いなどの発生

マンションは気密性が高いため、長期間放置しておくとカビなどが生えるリスクがあります。また、金属部分がさびたり、排水口から臭いが発生したりすることもあるので、こまめに足を運んで換気や掃除を行いましょう。

バルコニーや窓ガラスの汚れ

雨ざらしとなるバルコニーや窓ガラスは、特に汚れやすい場所です。そのままでは内覧で古びた印象を与えてしまうので、定期的に掃除してきれいな状態をキープしておきましょう。

設備機器の故障

空き家の場合、ブレーカーや給湯器、エアコンなどの設備の待機期間が長くなって、故障につながることがあります。設備機器が問題なく稼働するかも定期的に確認しておきましょう。

空き家マンションの売却は最適な方法を選ぼう

空き家となっているマンションは、空き家期間に劣化した部分を修繕することも視野に入れるなどして、売却することができます。物件の状況や希望に合わせて、満足度の高いマンション売却ができる方法を選びましょう。

また長年空き家にしていたとしても、立地などの条件によっては「投資物件としての売却」「賃貸に出す」といった選択肢を提案してくれる不動産会社もあります。さまざまな方法の提案ができる不動産会社を探しましょう。

あなたのマンション売ったらいくら?貸したらいくら?自宅をかんたんAI査定してみる

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

この記事を書いた人

RENOSYマガジン編集部

「不動産やお金の疑問をわかりやすく解決するメディア」を掲げ、本当にためになる情報の提供を目指すRENOSYマガジン編集部。税理士やファイナンシャルプランナーの人たちと共に、中立・客観的な視点で「不動産とお金」を解説、読んでいる人が自分の意思で選択できるように日々活動している。

私のマンション、いくらで売れるの?
かんたん45秒のスピード売却査定

私のマンション、いくらで売れるの? 無料売却査定
無料売却査定をする
Facebook Twitter Instagram LINE