JPX 東証マザーズ上場
  1. RENOSY TOP
  2. 中古マンション
  3. 住まい・暮らしに関する記事一覧
  4. マンション相場がわかるサイトをご紹介。相場を知って賢く売買しよう
住まい・暮らし

マンション相場がわかるサイトをご紹介。相場を知って賢く売買しよう

2018.09.04

この記事を書いた人 RENOSY Magazine編集部

「すべての人に不動産投資という選択肢を」を掲げ、本当にためになる情報だけを提供しているRENOSY Magazine編集部。税理士やファイナンシャルプランナーの人たちと共に、中立・客観的な視点で、「不動産投資」を解説し読んでいる人が自分の意思で選択できるように日々活動している。
もっと読む

マンションの売買予定がある人は、相場を調べる機会が多くでてきます。マンション相場は、マンションの査定額・購入希望地の絞り込み等にとても役立つため、事前に調べておくとよいでしょう。マンション相場の調べ方について紹介します。

マンションの売買には相場の情報収集が重要

マンションの売買には、相場を調べることがポイントです。物件の所在地などによっても、相場は大きく変わります。
マンションの相場情報を収集することで、売買価格のおおよその目安や、どの地域ならば予算内で購入できるかなどがわかります。そのため、売買予定のある人は、事前に相場の情報法収集をしっかりと行いましょう。

査定や業者を決める前に相場を調べる理由

マンションを売る場合には、不動産会社に依頼をしてマンションの査定額を出してもらうことが可能です。しかし、自分である程度相場を調べておいた方が、より賢くマンションを売ることができます。

自分で相場を調べておけば、掲示された査定額が相場と異なる場合に質問することができますが、自分で相場を調べずに依頼をすると、何の知識もないため質問できず、掲示された査定額が適正価格なのかも判断できません。
自分のマンションがいくらくらいで売れるのかがわかるだけでなく、信頼できる不動産業者選びにも役立ちます。

土地の相場は住む地域の選択にも役立つ

マンションを買う予定のある人は、相場を把握しておけば予算・購入希望地の選択にも役立ちます。地域ごとの相場を調べておけば、自分の住みたい地域の相場から予算を決められます。あらかじめ予算が決まっている人の場合には、予算内で購入できる地域の絞り込みに有効です。

また、相場は一定ではなく、上昇・下降と変動するため、地域の相場を調べる際には、過去の相場も調べて変動を把握しておくと、より正確な相場価格がわかります。

REINSの不動産取引情報提供サイト

image

レインズとは、宅地建物取引業法に基づき国土交通大臣から指定を受けた指定流通機構が不動産業者間で物件情報を交換しあうためのサービスを行うコンピュータ・ネットワーク・システムのことです。指定流通機構は下記のとおりです。

  • 東日本不動産流通機構

  • 中部圏不動産流通機構

  • 近畿圏不動産流通機構

  • 西日本不動産流通機構

レインズは、不動産業者が不動産情報をリアルタイムで情報交換できるシステムとなっており、一般の人がアクセスできないようになっています。

しかし、「REINS Market Information(レインズ・マーケット・インフォメーショ ン、RMI)」では、過去の成約価格を基にした取引情報の一部をインターネット上で公開し、消費者が適切な相場がわかるようになっています。

エリアごとの成約価格を参考にできる

「REINS Market Information」では、物件の所在地などは特定できませんが、全国各地にある物件の成約価格が登録されているので、エリアごとの成約価格を検索して相場を調べることが可能です。

いくつかの条件を入力して、検索すると直近1年間のエリアごとの取引情報が表示され、1平米当たりの成約価格を知ることができます。

最寄り駅や築年数など細かい指定検索が可能

REINS Market Informationでは、下記の条件を指定して検索が可能です。

  • 建物種別(マンション・戸建て)

  • 物件所在地(最寄り駅・沿線など)

  • 駅からの距離

  • 築年数

  • 専有面積

  • 間取り

  • 成約時期

  • 用途地域

細かい条件を指定して検索できるので、より適正な相場観を把握できます。

不動産取引情報提供サイト|RAINS Market Information

国土交通省の土地総合情報システム

image マンションの売買価格が適正な物かどうかを判断するためには、適正価格を知らなくてはなりません。

土地や物件の適正価格を知る1つの方法として、「地価公示」があります。地価公示は、国土交通省が運営する「土地総合情報システム」というサイトで調べることが可能です。

土地総合情報システムでは、全国各地の標準地や基準値の価格、不動産取引価格情報を検索できます。

地価公示で各地域の価格の目安を知ろう

「地価公示」とは、国土交通省が毎年3月下旬に公表することで、地価公示で公表された価格のことを公示価格と呼びます。

全国各地に20,000地点以上の「標準地」を対象に、その標準地の価格を地価公示法に基づいて毎年1月1日時点での平米単価を公示しています。

不動産取引をする際には、売買を検討している土地の近隣にある標準地の公示価格を参考にすれば、おおよその目安を知ることができます。

不動産取引価格情報検索

「不動産取引価格情報検索」は、自分が売買を検討しているエリアで実際に行われた土地や物件の取引価格を調べることができます。

検索する際には、「取引時期」「物件種別」「物件所在地」で絞り込みが可能です。5年前の1月~直近までの不動産取引がデータ化されており、検索結果はマンションの構造・専有面積などとともに表示されます。

実際に売買された価格がわかる

「不動産取引価格」とは、売主か決めた販売価格ではなく、実際に売買された価格のことです。そのため、実情に合った適正な価格を売主・買主ともに把握できるので、双方が安心して取引を行うことができます。

地価公示・地下調査・取引価格情報|土地総合情報システム|国土交通省

まとめ

マンション売買では、不動産業者などに依頼する前に自分で相場を調べましょう。マンション相場は、REINSや土地総合情報システムなどのサイトを利用すれば簡単に調べることができます。

適正な価格を把握して、賢くマンション売買を行いましょう。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

  • JPX 東証マザーズ上場

    RENOSYは東証マザーズ上場企業である
    株式会社GA technologiesが運営しています。

  • RENOSY x 川崎フロンターレ RENOSYは川崎フロンターレのオフィシャルスポンサーです。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

家探しのプロに住まい探しを相談する