不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. 投資する
  3. アート業界のトレンドを制する者は、アート投資を制する。作品の将来性を見極めるポイントとは?
投資する
2022.08.30

アート業界のトレンドを制する者は、アート投資を制する。作品の将来性を見極めるポイントとは?

アート業界のトレンドを制する者は、アート投資を制する。作品の将来性を見極めるポイントとは?

https://unsplash.com/photos/QqAkoMIN5Jk

投資としてアート作品を購入するには、その作品が将来的に価値が上がるのかを見極めることが必要不可欠となってきますが、そのために知っておきたいのが「アート業界のトレンド」です。この記事では、現在のアート業界のトレンドや、将来性の判断のポイントをご紹介します。

アート投資とは?

「投資」と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? 投資には「株式」「不動産」「金」など様々な種類がありますが、「アート」も投資になり得るのをご存知でしょうか。

アート投資とは将来性のあるアーティストの作品を購入し、アーティストが有名になるにつれて作品の価値が上がってきたタイミングで作品を売却し、差額分の利益を得るという方法です。 

アート作品のトレンド、ストリートアート

Banksy引用:Banksy

ストリートアートとは、街をキャンバスとしてペンキやスプレーなどで描かれた絵のこと。所有者に無断で描かれることが多いため、社会常識的な面においては迷惑行為および犯罪とみなされることもあります。

ストリートアートの起源は1960年代にさかのぼり、最近ではアート界で最も注目されるトレンドになりました。社会的・政治的なメッセージを含んだアートは、特に若いミレニアル世代のコレクターに人気を博しています。 

代表的なストリートアーティストには、バンクシー、インベーダー、シェパード・フェアリーなどがおり、彼らの作品が街中に出現すると、一帯が観光地になるほどの影響力を持っています。

そんなバンクシーをはじめとするストリートアーティストは、路上に描く作品だけでなくキャンバスやプリント作品も制作しており、作品がオークションに出品されると高額で落札されることもあります。バンクシーの出世作とも言える《Love  is in the bin》がシュレッダーで裁断されたのも、サザビーズのオークション会場での出来事でした。人気のストリートアーティストはオークションの特集が組まれるほどで、アートマーケットの注目度の高さがうかがえます。 

インスピレーションとコラボレーション

最近ではSNSやオンラインコミュニティーを通じて、コレクターが自身のコレクションを容易に公表できるようになり、作品が多くの人の目に触れるようになってきました。これはアート業界のトレンドや市場の関心がどこに向いているのかを理解するために役立ちます。たとえば、偉大なアーティストや有名なコレクターのコレクションを見れば、投資する価値のある芸術家、分野、動きが見えてくるでしょう。

また、アーティストの作品が世の中に広く知られるきっかけのひとつに、ハイブランドとのコラボレーションがあります。「ティファニー(Tiffany & Co.)」がバスキアの作品を広告に起用したり、「ディオール(Dior)」がKAWSの代表的なモチーフをあしらったコレクションを発表したりして、話題となりました。こういったハイブランドの広告や洋服は世界中に大きな影響力を持つため、アートにあまり関心のない人の目にも留まりやすく、自然とアーティスト自身の知名度や人気の上昇にもつながります。そしてアーティストの人気が上昇すれば、作品の価値も自ずと上がってくることが予想できます。 

アートの新風、NFT

NFTアート「クリプトパンクス」引用:NFTアート「クリプトパンクス」の販売額が過去最高に──VISAの購入で拍車 | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン

NFTは近年アート界で大きな存在感を示しています。NFTは元々「非代替性トークン」としてデータの唯一性を保証することを可能にするための技術でしたが、この技術を使ってデジタルアートに唯一性をもたらしたのが「NFTアート」と呼ばれる作品です。

デジタルアーティストBeeple(ビープル)の《Everydays – The First 5000 Days》が約6,935万ドル(約75億円)で落札されたり、ダミアン・ハーストがNFT作品を利用した革新的なプロジェクトを発足したりと、アート界で衝撃的なニュースが次々と起こりました。

唯一性が保証され、デジタル上で取引が完結するNFTアートは投資対象になりやすく、世界中の様々なアーティストが参入しているため、今後も市場が拡大することが期待されています。 

アート投資は少額から可能

アートの小口投資プラットフォーム「ANDART」では、有名アート作品を共同保有することで、オーナー権を1枠1万円から購入することができます。さらに、購入したオーナー権をオーナー間で売買できる機能も。1万円で購入したオーナー権を1万円以上の価格で販売することができれば、差額分の利益を得ることもでき、投資的な楽しみ方ができます。

「将来的に価値が高まるのか」「贋作ではないか」など、素人には判断が難しいところもありますが、ANDARTで取り扱っている共同保有作品は、専門家の目利きによって厳選された作品のみで、プロが責任をもってデリケートな作品を保管・管理しているので、安心してコレクションを楽しむことができます。

アート投資は「難しい」「まとまったお金が必要」と思われがちですが、現在さまざまな手段で、より気軽に楽しむことができるようになりました。ぜひ皆さんも投資の選択肢のひとつとして「アート」を検討してみてください。

アートではじめる資産形成 アンドアート
アートではじめる資産形成 アンドアート

ANDARTでは、オークション速報やアートニュースをメルマガでも配信中です。無料で最新のアートニュースをキャッチアップできるので、ぜひご登録ください。

※本記事は、株式会社ANDARTより提供された内容であり、本記事の内容に関してはANDARTにお問い合わせください。万が一、本記事の内容に事実に反する内容、不正確な内容、その他不適切な内容等が含まれる場合であっても、(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

この記事を書いた人

ANDART編集部

ANDART(アンドアート)は、これまで手が届きづらかった高額な有名アート作品や大型作品のオーナー権を1万円から購入/売買ができる、日本初のアート作品の共同保有プラットフォームです。ANDART編集部では、オウンドメディア「 NEW ART STYLE」にて、初心者にもわかりやすいアート解説や、マストチェックなニュースなど、アートをもっと身近に感じる情報をお届けしています。 ANDART(アンドアート)

Facebook Twitter Instagram LINE