不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. 投資する
  3. 若者がアートに惹かれる理由とは?アート業界を席巻する新世代コレクターたち
投資する
2022.01.25

若者がアートに惹かれる理由とは?アート業界を席巻する新世代コレクターたち

若者がアートに惹かれる理由とは?アート業界を席巻する新世代コレクターたち

https://pixabay.com/photos/tate-london-gallery-uk-britain-2684212/

近年、アートの世界では、若く、野心的で教養のある新世代のアートコレクターが存在感を表しています。特に若いIT起業家などに多く、起業家コミュニティの中にはアートの同好会なども存在するとのこと。若い世代がアートコレクションに乗り出す理由は何なのでしょうか。

近年若いコレクターが増加している

https://unsplash.com/photos/AlLKJ292jOQ
https://unsplash.com/photos/AlLKJ292jOQ

UBSとアートバーゼルによる、2020年のグローバルアートマーケットレポートによると、調査対象の富裕層の中で、ミレニアル世代(38歳未満と定義)は、過去2年間で55歳以上のコレクターよりも6倍多くアートに費やしていたとの調査結果が明らかになりました。

元ZOZO代表の前澤氏をはじめ、日本の著名な起業家がアートをコレクションしているのを見てきた若い世代にとって、もはや資産としてアートを持つことが当たり前になりつつあります。ミレニアル世代は、これまでのコレクターと比較しても資産としてのアートに肯定的であるとのこと。

アートをコレクションする理由とは?

なぜ若い世代が続々とアート市場に新規参入しているのでしょうか。その理由として、近年ではアートに興味のない人でも、ファッションブランドとのコラボレーションや、仲間のSNSなどから自然とアートの世界に引き込まれる可能性が高いことが挙げられます。

アートを生活の一部として取り入れることで、デザイナー家具や腕時計と同じように自分のライフスタイルに投資をし、金銭利益よりも美的利益を追求する人も多いのだとか。
 

https://unsplash.com/photos/BdVQU-NDtA8
https://unsplash.com/photos/BdVQU-NDtA8

アートをコレクションすることのもう1つの利点は、アーティストとの関係を築いたり、美術館のグループに参加したり、財団を支援したりできる社会的側面。いわゆる「人脈作り」です。これは、株式や不動産などの他の資産よりも魅力的な要素の1つとなりえます。アートフェアや展覧会のオープニングに行ったり、アーティストと一緒にスタジオに訪れることで、作品のストーリーや歴史を理解でき、他の意識の高いコレクターたちとアートについての意見を交わすことで有益なつながりを持つこともできます。

アートをコレクションすることは、目に見えて生活が豊かになることが実感できたり、アートを購入できる経済水準の人たちと交流することができたりするというメリットがあるのです。

アートを購入する敷居が低くなっている

https://unsplash.com/photos/gf8e6XvG_3E
https://unsplash.com/photos/gf8e6XvG_3E

アートの世界がデジタル化したことにより、若い世代が参画しやすくなっています。例えば、オークションハウスは主要な販売をライブストリーミングしているため、アートオークションはますますオンラインに移行しています。

さらに、オークションハウスは若い層を獲得するために、ストリートウェアに焦点を当てたデジタルプラットフォームや、ファッションブランド、インフルエンサーなど様々なコラボレーションを行なっています。特にサザビーズがコラボレーションした台湾出身の歌手であるジェイ・チョウは、Instagramで640万人以上のフォロワーを持つ主要なインフルエンサーであり、コンテンポラリーアートのアジアセールをキュレーションしました。

2021年6月18日のオークションでは、ジャン=ミシェル・バスキア、ゲルハルト・リヒター、奈良美智などの著名なアーティストのほか、アメリカの画家ロイ・ホロウェルや日本のアーティスト、井田幸昌などの需要の高い若い才能が登場。売上高は約120億3200万円で、セールに出品された46点の作品は全品落札されるという快挙を成し遂げました。この販売におけるイブニングセールの購入者の25%以上が40歳以下だったといいます。

サザビーズによると、この販売のマーケティングにはソーシャルメディアが大きな役割を果たし、ジェイチョウのアカウントでもライブ配信では約1,800万回の視聴を集めました。

https://pixabay.com/photos/phone-display-apps-applications-292994/#content
https://pixabay.com/photos/phone-display-apps-applications-292994/#content

また、多くの美術館やギャラリーもソーシャルメディアの力を利用し、アートの世界を身近に感じられるような活動を行なっています。ミレニアル世代のバイヤーの多くがアートコレクションにInstagramを活用しており、それに準じてアーティストもソーシャルメディアを積極的に活用するようになりました。ソーシャルメディアを通して気軽にアーティストにコンタクトを取ることもできます。さらに、世界中のオンラインサイトで、10万円以下からでもアートを購入することができる点もアート購入が身近になったきっかけでしょう。

さらにアート業界の中で大きな存在感を表しているNFTもアート投資の敷居を下げている一つの要因。デジタル上で鑑賞するNFTは、アートを保管するスペースのない人たちでも気軽に購入することができます。投資目的の購入なら売却が簡単なのもメリットの一つでしょう。

デジタルに精通した若い世代にとって、アート業界のこれらの変化はとても魅力的であるに違いありません。今やギャラリーやオークション会場に足を踏み入れることなく、クリックひとつでアートを購入できる時代。もはやアートは昔ほど特別な買い物ではないのかもしれません。

【YOUANDART(ユーアンドアート)】
現代アートの通販・販売サイト YOUANDARTを見る

アートは長期的な資産です。今世界で最も評価されているアーティストたちも、最初はプライマリーでその作品を純粋に好きだという人に購入され、そういう人が増えていくことでセカンダリーでの評価が上がっていくことにつながってきました。自分が純粋に好きだと思った作品が、時を経てセカンダリーで評価が上がってきたときは自分の目利きをさぞ誇れることでしょう。アートとアーティストへのリスペクトを忘れずに、ぜひ気軽に自分に合ったアートコレクションを楽しんでください。

ANDARTでは、オークション速報やアートニュースをメルマガでも配信中です。無料で最新のアートニュースをキャッチアップできるので、ぜひご登録ください!

アートではじめる資産形成 アンドアート
アートではじめる資産形成 アンドアート

参照:
https://www.kateigaho.com/migaku/104903/
https://www.prestigeonline.com/hk/pursuits/art-culture/brave-new-world-meet-the-new-generation-of-art-collectors/

※本記事は、株式会社ANDARTより提供された内容であり、本記事の内容に関してはANDARTにお問い合わせください。万が一、本記事の内容に事実に反する内容、不正確な内容、その他不適切な内容等が含まれる場合であっても、(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

この記事を書いた人

ANDART編集部

ANDART(アンドアート)は、これまで手が届きづらかった高額な有名アート作品や大型作品のオーナー権を1万円から購入/売買ができる、日本初のアート作品の共同保有プラットフォームです。ANDART編集部では、オウンドメディア「 NEW ART STYLE」にて、初心者にもわかりやすいアート解説や、マストチェックなニュースなど、アートをもっと身近に感じる情報をお届けしています。 ANDART(アンドアート)

Facebook Twitter Instagram LINE