不動産投資
2019/01/04

不動産投資の経費になるパソコン購入費。経理処理の方法と注意点

不動産投資をする人にとって、パソコンは必需品ではないでしょうか。確定申告の書類作成や、経営状況の把握など、スマホよりもパソコンを使うことでしょう。今回は、青色申告をする場合のパソコンについて経費の計上の仕方を解説します。基本的な考え方はプリンターなど他の消耗品にも当てはまります。


不動産投資で使うパソコン購入時の経理処理

不動産投資業務に必要なパソコンは経費として計上可能です。しかし、1年で計上できる経費として金額などが決まっているため、ここでは価格別の会計処理について説明します。パソコン以外にも、文房具やインク、名刺などの消耗品に対しても適用が可能です。

10万円未満は経費で一括処理

消耗品を経費計上する際に、1つの基準となるのが、10万円という金額です。パソコンの購入費が10万円未満だった場合は、経費として一括処理できます。

この時の項目は消耗品費です。よくある勘違いで、パソコンなどの消耗品の費用を雑費として計算してしまうことがありますが、雑費は別の項目です。

雑費の例

  • NHKの受信料
  • 清掃用品のレンタル代

雑費の割合が高いと税務署によくない印象を与えてしまうので、注意しましょう。

なお10万円未満の場合は白色申告の場合も、「その他の経費」欄に科目を自由記入できる欄があるのでその欄を使って経費計上できます。

10万円以上の場合は固定資産で処理

10万円以上だった場合は、原則として減価償却資産に該当し、減価償却の手続きにより法定耐用年数に基づき、その購入費を数年に分割して費用処理します。ただし、申告方法が青色申告の場合は少額減価償却資産の取得価額の必要経費の特例規定(租税特別措置法28条の2)の規定により、取得価額が30万円未満まで取得した年に一括で必要経費に算入することができます。

ちなみに、30万円未満のパソコンを別々に複数台購入した場合でも、それぞれに適用されるため、経費として一括処理することが可能です。ただし、この制度には、適用上限があり、合計で300万円までしか認められません。

一括償却資産または 減価償却資産で処理

取得価額が20万円未満のパソコン等の固定資産を取得した場合、下記の2つから有利な方を選ぶことができます。

一括償却資産

法定耐用年数に関わらず、3年間で均等償却が可能です。例えば、18万円のパソコンを購入した場合は、1年目6万円、2年目6万円、3年目6万円として3年間にわたり、6万円ずつ経費にすることができます。

ただし一括償却は減価償却の一種でははく、単純に20万円未満の固定資産を取得した年以降3年間にわたって均等に必要経費に計上する事務負担軽減に配慮した手続きであるため、減価償却の手続きと以下の違いがあります。

(1)その年に取得した資産を一括して均等償却するため資産ごとに月割りはしない
(2)資産を除去しても無視して3年間均等償却
(3)一括償却資産は、償却資産税の対象外

減価償却資産

一括償却資産ではなく、通常の減価償却資産として経費にすることも可能です(上記の少額減価償却資産として取得年に一括経費計上も可能)。減価償却資産の場合は、償却資産税の対象になります。ただし償却資産税は所有する資産の取得価額合計が150万円未満の場合には課税はされませんので、それほどナーバスに考える必要はありません。

パソコンの減価償却の計算の仕方

image

次に具体的にパソコンの減価償却の計算方法についてみていきましょう。上記でも述べたように、パソコンの減価償却の方法は金額によって2種類に分かれます。なお、30万円未満の場合の少額減価償却資産として取得年に一括費用処理する場合は除きます。

10万円以上20万円未満は3年均等償却

10万円を超える場合は減価償却の対象になりますが、20万円未満の場合は一括償却資産として3年間で均等償却できます。

基本的な計算方法は次の通りです。

  • 減価償却費 = パソコン取得価額 ÷ 3年

例えば、15万円のパソコンを9月半ばに購入し、定額法で減価償却する場合は、以下の計算になります。

  • 1年目:減価償却費 = 150,000 ÷ 3 = 5万円
  • 2年目:減価償却費 = 150,000 ÷ 3 = 5万円
  • 3年目:減価償却費 = 150,000 ÷ 3 = 5万円

20万円以上は耐用年数4年で減価償却

20万円未満の際は、一括償却資産として計算しましたが、20万円以上の際は、通常の減価償却資産として計算します。

計算方法は一括償却資産の時と基本的には変わりませんが、月数を考慮する点が異なります。

40万円のパソコンを9月半ばに購入し、定額法で減価償却する場合の計算は以下の通りです。1年目は、購入した9月から12月の4ヶ月分で計算します。

  • 1年目:減価償却費 = 400,000 ÷ 4 × 4/12
  • 2年目:減価償却費 = 400,000 ÷ 4 = 10万円
  • 3年目:減価償却費 = 400,000 ÷ 4 = 10万円
  • 4年目:減価償却費 = 残額

パソコン購入時における会計処理の注意点

image

パソコン購入時の会計処理について、注意しすべきポイントがあります。余計な税金を払ってしまったり、損をしないためにも、しっかりと確認しましょう。

個人の場合には減価償却計算は必須

減価償却計算は個人事業主の場合(所得税の場合)には、法人(法人税)の場合と違って、毎年必ず行う必要があります。また収入金額よりも減価償却費等の必要経費が多く、青色申告している場合には損失を3年間繰越し、翌年以降の利益と通算することができます。取得した年を含めて翌年以降3年以内にその損失を使いきれると想定できる場合には、少額減価償却資産の特例により初期に多額の損を計上しておいても問題ないですが、3年以内に損失が使いきれない場合には損失が消滅してしまうので、通常の減価償却の方法により損失計上を遅らせたほうがよろしいかと思います。

購入金額に含めるものと含めないもの

パソコンはいくつかのパーツに分けて購入できます。しかし、別々に買ったとしても、パソコンとして使用する場合は、分けて計上するのではなく、一つのセットで計上することがルールです(これを付随費用といいます)。

ディスプレイ・ソフトウェア・キーボード・外部ストレージ・ケースを購入した場合、以下のように分類できます。

パソコンの購入金額に含めるパーツ(パソコンに直接関連する費用)

  • ディスプレイ
  • ソフトウェア
  • キーボード

パソコンの購入金額に含めないパーツ(パソコンに間接的に関連する費用)

  • 外部ストレージ
  • ケース

このように同じ目的で使うものでも、セットで計上すべきものと、セットでは計上すべきでないものがあります。

また、パソコンの購入金額に含めるべきパーツであっても、違う時期に購入したものについては別々の計上が必要です。

まとめ

不動産投資をしていて少しでも節税を目指すなら、経費の正確な計上はとても重要です。今回はパソコンについて経費をみていきましたが、他の項目についてもぜひ正確な申告を行って、無駄のない申告をしましょう。

取材協力:佐野比呂之税理士事務所 代表税理士 佐野比呂之

PREV 不動産投資の経費で処理できる通信費。経理処理の方法と注意点
NEXT アパートのリフォーム期間はどのくらい?主なリフォームや価格の目安
資産運用大全 bnr_ebook_seven_knowledge.png

SEARCH記事検索