1. RENOSY TOP
  2. リノベーション
  3. リノベーションに関する記事一覧
  4. 手軽な不動産投資は、リノベーションしたアパートの運用がお得?
リフォーム・リノベーション

手軽な不動産投資は、リノベーションしたアパートの運用がお得?

2016.08.04

投資はOLの自分には無縁と思っていませんか? 最近では老後や早期リタイアのために、30代や40代から資産運用を始める人も多く、別世界のことではないのです。敷居が高いと思えるアパートへの投資も中古物件を購入してリノベーションをするというお得な方法もありますよ。

「アパート投資」と「マンション投資」のどちらを選ぶ?

サラリーマンが資産形成のために不動産投資を考えたとき、アパート一棟、あるいは、マンションの一室のどちらを選ぶかで迷う人が多いのではないでしょうか? 双方にメリットとデメリットがありますので、みていきましょう。

マンションの一室への投資は、費用の面で購入しやすさがあり管理の手間がかからないことがメリットです。しかし、一室だけを所有していると、空室となったときの空室リスクが大きくなります。また、専有部分はリノベーションできるものの、共用部分の修繕は管理組合での決議で決まるため、自分の希望に添う修繕は難しくなります。

一方、アパート1棟を所有する場合は、投資に必要な金額は大きくなりがちです。しかし、築年数が経過しても土地の価値が残るというメリットがあります。また、空室によるリスクが分散できるメリットもありますが、反面、修繕費用も高額になりがちです。

中古アパートを購入してリノベーションするという選択肢

土地を購入して新築のアパートを建てるのは多くの費用が掛かり、修繕費用などのリスクも大きくなります。そこで、中古アパートを購入してリノベーションをするという方法が注目を集めているのです。

アパートは築20年を過ぎると土地の価格程度のみ、あるいは、解体費用を踏まえて土地の価格よりも安く販売されている物件があります。しかし、立地条件のよいアパートであれば、古さが目立って空室が目立つ物件であっても、リノベーションをすることで物件の価値を上げ入居者の確保につながることに期待できるのです。

アパート経営は需要のあるエリアの見極めが肝

アパートの物件選びで大切なのは立地条件です。最寄り駅から徒歩10分以内、都心部まで電車で30分以内で移動できるエリアは賃貸需要が高くなります。

そうしたエリアの学生や社会人の単身者向けの物件はとくに人気です。駅に近く、スーパーが充実しているエリアは、夫婦共働きのDINKs世帯に人気があります。ファミリー向けの物件では、スーパーなどの商業施設や大型量販店、医療機関、公園などがあるエリアで需要があります。

エリアの特性によって、ターゲットとなる属性には違いがあります。適切にターゲットを見極めて、リノベーションではターゲットにあった広さや間取りにすることが大切です。

投資金額が大きくなりやすく、リスクが大きいアパート投資も、中古アパートをリノベーションすることによって、投資金額やリスクを抑えられます。利益を上げるためには、賃貸需要が見込めるエリアの見極めが重要なポイントです。

【おすすめ記事】
リノベーションの醍醐味!オリジナルキッチンの種類と魅力
じつは知らない「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?
中古マンションはリノベーションで防音対策できる!
中古住宅のリノベーションは「性能」を重視 ~安心して暮らせるこだわりの住まいに~
後悔しないリノベーション向き中古マンションの選び方

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する