1. RENOSY TOP
  2. リノベーション
  3. リノベーションに関する記事一覧
  4. 古さなんて気にならない?中古マンションはリノベーションで住みやすく
リフォーム・リノベーション

古さなんて気にならない?中古マンションはリノベーションで住みやすく

2016.08.18

中古物件を購入してリノベーションをするという住まいの選択肢が広まってきているものの、実際に中古マンションを見に行くと、古さが気になって戸惑う人もいるのではないでしょうか? しかし、中古マンションはリノベーションで、住みやすい住まいに生まれ変わります。

リノベーションで住みやすい空間に変えよう

中古マンションの内覧に行って、外観や内装の古さや間取りから「住みにくいのでは?」と感じたことはありませんか?

最近のマンションと比較して、古いマンションは天井高が低めで、一つ一つの居室が狭い傾向です。しかし、室内が暗く感じたマンションも間仕切り壁を取っ払えば、明るく開放的な空間に生まれ変わることがあります。

外観はもちろん、窓の大きさや天井の高さなどは変更できませんが、内装・設備の変更や、壁式構造のマンションの耐力壁を除いては、間仕切り壁も撤去が可能です。

中古マンションは、リノベーションによって暮らしやすい住まいへ変えることはできるのです。

リノベーションなら家族に合わせた間取りを実現できる

ファミリータイプの新築マンションでは、70m2から75m2程度は3LDK、80m2台半ばくらいから4LDKといったように、広さによって一般的な部屋数が決まっています。

したがって、「70m2くらいのマンションにゆったりと一人で住みたい」、「子供が小さいうちは部屋をなるべく区切らず、ライフステージに合わせて間仕切りを設けたい」といったニーズにはマッチしにくいのです。

中古物件を購入してリノベーションをすれば、家族の住みやすい形に合わせて間取りを変えることができます。空間を仕切る建具を後から設けられるので、家族のライフステージに合わせて変更していくという住まいも実現できるでしょう。

必要な設備への交換で住まいの機能性をアップ

中古マンションの購入では、設備の古さも気になりやすいポイントです。しかし、水回りの設備はリノベーションでの交換を前提としていれば問題にはならないでしょう。

新築マンションでは標準で取り付けられる設備が決まっているため、食洗機が不要と思っていても、キッチンに設置されていることがあります。また、バスルームにミスト機能の設置を希望するなどといったことは、オプション設定がなければ取り付けられないことがほとんどです。

オプションでは選べても、不要な設備を外すことができず、予算面から実現できないケースもあるでしょう。

でも、リノベーションなら、自分が欲しい設備や機能を予算内で自分の優先順位で選んでいくことができます。

リノベーションをすれば、古い中古マンションであっても住みやすい空間に変えていくことができます。自分の好みのものだけ、必要なものだけを選んで取り入れて、自分らしい住まいを実現できることがリノベーションのよさなのです。

【おすすめ記事】
リノベーションの醍醐味!オリジナルキッチンの種類と魅力
じつは知らない「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?
中古マンションはリノベーションで防音対策できる!
中古住宅のリノベーションは「性能」を重視 ~安心して暮らせるこだわりの住まいに~
後悔しないリノベーション向き中古マンションの選び方

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する