1. RENOSY TOP
  2. 不動産投資
  3. 不動産投資に関する記事一覧
  4. 将来の備えを比較!効率よく運用できるのは? ~幅広い貯蓄を考えよう~
不動産投資

将来の備えを比較!効率よく運用できるのは? ~幅広い貯蓄を考えよう~

2016.12.22

あなたは、将来に備えてどれだけの準備ができていますか?

Contents目次

準備していなくても……「国の制度でどうにかなるでしょ!」といった他人任せ、「毎月貯金しているから大丈夫!」という考えでは、準備不足です。

保険会社による運用や個人年金の備えなど、最近では福利厚生として将来の準備ができる制度を設けている企業もあります。

では、数ある将来の備えに向けた取り組みの中で、それぞれどれほどの運用効率があるのでしょうか?

(1)定期預金の場合
大手金融機関だと、ほとんどが利率0.010%です。ネット銀行では、0.025%~0.50%。積み立てる額によって、利率が変わります。

(2)財形貯蓄
財形貯蓄は、流動性が低いため比較的貯めやすいとされています。ただし、銀行によってシステムが違うため利率では、0.03%~0.10%となっています。

(3)401K
401Kとは、確定拠出年金の事です。利率は、運用方法によって変わってきます。財形貯蓄と同じように、流動性は低いです。5千円から始めることができ、千円単位での積み立てが可能なため、比較的貯めやすい貯蓄方法です。

マンション経営の場合も考えてみましょう。

(4)ワンルームマンションで運用した場合
5%の投資利回りで、借入の金利が2%だった場合、5%-2%=3%になるので、3%のイールドギャップ(投資利回りと借入の金利の差)が生まれます。

表面利回りだけでなく、きちんと差し引き計算をした場合でも他の金融商品より、比較的高い利回りを得ることができます。

将来に備えた貯蓄は、収入の柱を増やし、リスクヘッジをすることが効果的な運用に繋がります。単に1つの商品のみで運用するのではなく、株やFXといった短期商品と、不動産や財形貯蓄系の長期商品とを掛け合わせることが大切です。

あなたの今の貯蓄状況は、将来を見据えた効率良いものになっていますか?

【おすすめ記事】
不動産投資で成功する人、失敗する人。最終的にこの差はどこ?
サラリーマンが不動産投資で借りられる限度額はいくら?
AIを活用した運用が増えている時代だからこそ、「現物資産の安定性」が大事
不動産投資でこんなときはどうする?もしも入居者から「古いエアコンを交換してほしい」と要望があったら……
不動産投資をするならどちらを選択? 大都市VS地方都市

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。