1. RENOSY TOP
  2. リノベーション
  3. リノベーションに関する記事一覧
  4. 中古マンションなら叶う?リノベーションで住みたい街に住もう!
リフォーム・リノベーション

中古マンションなら叶う?リノベーションで住みたい街に住もう!

2016.08.02

憧れの街、住みたい街はありませんか? 新築マンションの販売価格を目にして、「高すぎて無理」とあきらめていませんか? 中古マンションを購入してリノベーションすることで、住みたい街に家を持つことが実現できる可能性もあるのです。

「中古マンションの購入+リノベーション」なら都心に住める!

一人暮らしで便利な都心住まい。賃貸暮らしで毎月の家賃の支払いを考えると、マンションの購入を考えはじめる人もいるのでは。しかし、新築マンションの広告を見て手が届かないとあきらめている人もいるかもしれません。

住みたい街の新築マンションには手が届かない場合、中古物件を購入してリノベーションをするという方法もあります。中古マンションも、リノベーションで内装や設備を一新することで、新築のような空間に生まれ変わります。

郊外の新築マンションは都心部に比べて購入しやすい価格帯ですが、流動性が低いことが難点です。結婚や出産、介護といったライフステージの変化、あるいは転勤などの理由で将来的に手放す可能性がないとは言えません。都心部の物件は流動性が高いため、売却しやすいこともメリットです。

利便性の高いメトロ沿線に住むメリットとは

マイホームを購入するときは、通勤のしやすさを考慮する人が多いですが、かつての終身雇用制が崩れて人材の流動化が進んでいます。今働いている会社で一生働くとは限らないのではないでしょうか?

東京メトロや東京都営地下鉄は他路線への乗り換えがしやすいため、東京都内で働く分には勤務先が代わっても通勤しやすいことがメリットです。また、山手線の外側にいくと、都心部と比べると比較的安価な物件がある駅もあります。

前述のように将来的に手放す可能性を考えても、メトロ沿線の物件は流動性の高さもメリットとなります。

閑静な住宅街では物件探しがポイントになる

閑静な住宅街の多くは、都市計画で第一種低層住居専用地域、または第二種低層住居専用地域と定められています。建物の高さに制限があり、3階建てあるいは4階建ての建物までしか建てることができないエリアです。

こうしたエリアでは新築マンションが開発されることは少なく、低層マンションであるため1棟当たりの戸数も少ないことから中古物件の流通量も限られています。

住むエリアを優先して住まいを探しているのであれば、新築物件にこだわらずに中古物件を購入してリノベーションをすることも視野に入れる方が現実的です。

住みたい街で暮らすためには、中古マンションの購入も選択肢に入れてみましょう。

都心部など利便性の高い街に住むことは、通勤に便利でトレンドに触れながら暮らせるだけではなく、マイホーム取得した場合には将来的に売却しやすいこともメリットです。

【おすすめ記事】
リノベーションの醍醐味!オリジナルキッチンの種類と魅力
じつは知らない「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?
中古マンションはリノベーションで防音対策できる!
中古住宅のリノベーションは「性能」を重視 ~安心して暮らせるこだわりの住まいに~
後悔しないリノベーション向き中古マンションの選び方

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する