不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン
  1. RENOSY マガジン
  2. 不動産用語集
  3. [け]で始まる不動産用語
  4. 減価償却【げんかしょうきゃく】

減価償却

げんかしょうきゃく

減価償却とは、建物や設備など長期にわたり使用する資産において、使用開始時から経過した年数を一定の方法で考慮し経費計上していく方法です。

建物、建物附属設備、機械装置、器具備品、車両運搬具などの資産を減価償却資産といい、一般的には時の経過等によってその価値は減っていきます。

建物においても、購入時より時間が経過するにつれ少しずつ古くなり価値が下がっていくため、その資産の使用可能期間を分割して、その価値の減少分を一定の方法で必要経費とします。なお土地の価値は減らないので、減価償却の対象にはなりません。
 
不動産の賃貸収入がある場合や、売却をした際は確定申告を行う必要があり、税額算出の過程で減価償却の計算が必要となります。賃貸収入や売却益にそのまま課税されるのではなく、減価償却分を経費として差し引きます。
 
減価償却の計算方法はルールが定められおり、建物の構造や用途、経過年数によって建物の耐用年数が変わってきます。
 
土地建物で購入した不動産の場合は、購入代金から土地分を除いた建物部分のみで減価償却の計算を行います。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
Facebook Twitter Instagram LINE