債務不履行

さいむふりこう

債務不履行とは、文字通り「債務を履行しない(不履行)」ということです。

債務を履行する場合は問題ありませんが、債務不履行の場合は、契約の無効撤廃や損害賠償請求などのペナルティがあるかもしれません。
 
不動産売買における債務不履行としては下記のようなことが挙げられます。

  1. 売主が代金を受け取っておきながら、買主に所有権移転をしない(できない)
  2. 物件に担保設定されていて、売買までに解除する約束だったのに解除しない(できない)
  3. 売主は売却時までに土地上の古い建物を壊して更地渡しの約束だったのに、建物は壊していない
  4. 買主が期日までに売買代金を払わない(払えない)

どれも不動産の売買で、というより契約上の約束事(債務)であり守って(履行して)当たり前のことばかりですが、いろいろな事情で約束通りにならない(債務不履行)ことも現実にはあります。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
Facebook Twitter Instagram LINE