RENOSY ASSET RENOSY ASSET マンション投資 RENOSY ASSET 収益物件リノベーション
不動産投資の仕組みは「借金をして事業を大きくする」経営的見方と一致すると思ったので始めました

30代 / エンジニア / IT企業勤務

始めたきっかけ
不動産Tech事業立ち上げについて考え始めたタイミングで「不動産投資」に興味を持ったため
ご購入物件
東京都3件、京都府1件

OWNER INTERVIEW

不動産投資の仕組みは「借金をして事業を大きくする」経営的見方と一致すると思ったので始めました

不動産の世界にAIを取り入れ、エンジニアをたくさん採用されたり、共感できる部分が多かったのでRENOSYに決めました

─ いつから投資を始められましたか?

大学生の時にFXをやったのが初めてです。1万円からと少額で始めることができたので、アルバイトで稼いだお金で始めました。

大学在学中に、証券会社出身の人が数ヶ月間大学に出入りして、あるプロジェクトを進めていたのですが、それが株式売買における「多層ニューラルネットワーク(今では研究が進みディープラーニングと呼ばれているものの前身)」を用いた「日経平均を予想して自動売買するシステムを作ろう」という内容でした。

そのプロジェクトに参加したことも、投資というものに興味を持ち始めるきっかけになりました。

またプロジェクトを主導する人がアパートを所有していることも聞き、身近に「不動産オーナー」という存在に触れる機会もありました。

事業承継・M&Aといった存在も、その人を通して知りました。

─ 投資に詳しい方との出会いは、影響が大きそうですね

そうですね。その人と出会ったことで、投資に詳しくはなりました。

投資に興味は持ちましたが、証券会社のビジネスモデルよりも「ものづくり」の方に興味がありました。

ベンチャー企業を作る人も身近にいたので、「事業をつくる」こともおもしろいなと思い、学生時代に自分でも企業を立ち上げました。エクイティファイナンスで資金調達をしたりしました。

就職活動の頃になって、『金持ち父さん貧乏父さん』をベタに読んで、不動産に興味を持つ下地はできていたと思います。

社会人になってからは、インデックス投資を始めて、余剰資金で個別株式に投資していました。

FXはいまでも自動売買と、自分自身で行う裁量トレードもやっています。

あとはプライベートエクイティ(未公開株)を買うエンジェル投資や、合同会社の社員権などへの投資などもやっています。

これからやってみようと思っているのは、海外の投資商品への投資です。さまざまな商品があって、奥深いです。

今現在は、自分の立ち上げたプロジェクトに対して、事業投資もしています。

このような感じで、考えられる投資、手をつけられる投資はすべてやっています

今から3年くらい前に、年間で300冊くらい本を読んでいた時期があり、そのときに「不動産投資」の情報は入ってきました。

─ 不動産投資を始めようと思ったきっかけを教えてください

一番大きいのは、不動産Techに関する事業について検討を始めたことがきっかけですね。

「不動産投資」を事業として捉えた時に、興味を持ち始めました。どういう観点で興味を持ったかというと、

  • 借金をして資産を増やせるという点
  • 会社をつくって借金をして事業を大きくするという経営的見方と一致する

というところです。そのような見方で不動産投資を捉えると、やらない理由はないだろうと考えるようになりました。

─ RENOSYの印象はいかがでしたか

実は、今から4〜5年前くらいに、話を聞いたことがあったんです。でもその時は、銀行の金利も高かったように記憶しているのですが、費用対効果をあまり感じなかったというか、借金をすることに抵抗を感じました。地震倒壊リスクとか空室リスクなど、リスクの方に目がいってしまい、あまり魅力を感じなかったんです。

その当時は、「テック感」もいまよりも少なかったですし(笑)

でもその後も、たまに担当の人から連絡があり、軽く話はしていました。その担当の方は高そうな時計をしていたり、髪の毛に特徴があるという感じではなく、「不動産屋さんぽくなかった」ので、身構えず話しやすかったのかもしれません。

─ RENOSY以外にも検討されましたか

新築マンションデベロッパーと中古物件を扱う会社にも話を聞きました。

複数物件所有して、繰上返済をして完済をして、どんどん物件を増やしていくという考え方には共感しました。中古のワンルームマンションを複数物件所有するロジックが、腑に落ちて、早めのリタイアを目指そうとしたときに、不労所得を得られるなと思いました。

─ 決め手はなんでしたか

Rubyのコミッター松田明さんがGA technologiesに入られたり、「エンジニアを採用してるな、AIに力を入れているな」というのが、この数年間、外から見えてはいました。

Rubyのまつもとゆきひろ氏が解説している本で、『SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル』というエンジニアの人生みたいな本が有名になったのですが、その中でも不動産をやっていると書かれていて、そこでも興味が増していたと思います。

不動産テック事業を考えたタイミングで、もう一度話を聞いてみようかな、と、担当に連絡をした、というのがきっかけですね。

「あらゆる投資をする中の1つ」という位置づけで、「不動産を持とう」と思いました。

結果的に、4件とも立地に満足できる物件にも出会えてよかったです。担当の方も物件を紹介してくれる時に、電話のテンションがすごい高かったです(笑)

物件価格の安いマンションを京都に持ったので、繰上返済しようと思っています。10年くらいで1件目を完済しようと計画してます。

他社でも数件持ってます。

─ 今後、どのくらいまで増やしたいですか?

不動産投資は15件くらいまで増やしたいです。そこで不動産はいったんストップ、と考えてます。

─ まだ始めていない人へのメッセージをお願いします

空室リスクに対して対応できる現金があるならば、やった方がいいんじゃないかなとは思いますね。疾病付きの団体信用生命保険をつけたりできる場合もありますし。

普通、投資といえば余剰資金でやるものなのに、「借金ができて投資ができるケース」つまり「レバレッジをかけられる投資」ってめちゃくちゃ珍しいので、銀行がお金を貸してくれるという人は、やったほうがいいんじゃないかなと思います。

RENOSYご購入時データ:
笠島靖夫さん(30代)@kasajei
職業:IT企業勤務
購入年月:2019年11月
購入物件データ:東京都、京都府

あなたもRENOSYの不動産投資で資産形成を始めませんか?

サービスについての詳しい資料を限定ページで見ることができます

詳しいサービス資料を見る

CONTACT US

RENOSYの不動産投資で、老後のための資産形成をはじめよう

初回面談でAmazonギフト券10,000円分プレゼント!

電話受付 24時間 年中無休

0120-966-408

初回面談でAmazonギフト券10,000円分プレゼント

Facebook Twitter Instagram