不動産やお金の疑問をわかりやすく解決 RENOSY マガジン

封水

ふうすい

封水とは、トイレや洗面台などの衛生器具と排水管との接続部にためている水のことです。水をためることで排水管からの臭いや虫の侵入を防ぎ、この仕組みを「排水トラップ」といいます。封水は、深さや設置箇所がきちんと定められています。

封水に関する主な基準は以下の4点。

  • トラップの封水深は、50〜100mmの範囲であること
  • 排水口から封水あふれ縁下面までの垂直距離が600mmを超えないこと
  • 二重トラップにしない(一つの配管上で、二つ以上封水を連続させない)
  • トラップは容易に分解清掃ができること

封水は、要するに排水管の蓋です。なんらかの理由で封水が破られると、下水からの悪臭や虫の侵入が発生する原因となります。封水が破壊される理由とその対策については、関連用語「排水トラップ」と「通気管」を参照してください。

関連用語: 排水トラップ通気管

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
Facebook Twitter Instagram