1. 不動産用語集
  2. [き]で始まる不動産用語
  3. 旧耐震基準【きゅうたいしんきじゅん】

旧耐震基準

きゅうたいしんきじゅん

旧耐震基準とは、1981年(昭和56年)の建築基準法改正により定められた新耐震基準以前の耐震基準のことで、旧耐震と略されます。尚、耐震基準とは、建築物の構造が地震に耐えることができるかどうかの指標となるものです。

新耐震基準では、震度6~7の大規模地震があっても倒壊しない耐震性能を必要とするのに対し、旧耐震基準では、震度5程度の中規模地震に対して倒壊しない耐震性能となります。そのため、旧耐震基準の建築物は、震度5程度の中規模地震に対しては損傷の可能性があり、震度6~7の大規模地震については当時定義されていませんでしたが、倒壊などによる被害を受ける可能性が考えられます。

建築基準法が改正された1981年6月1日前に建築確認がされている場合、旧耐震基準の建築物である可能性が高いです。しかし、旧耐震基準の建築物であっても、改修工事により耐震基準を満たし耐震基準適合証明書が発行されれば、新耐震基準の建築物と認められます。

中古不動産を購入する場合には、高い耐震性能をもつ新耐震基準のマンションなどを選んでおくと安心です。また、売却する際にも新耐震基準であることが、購入検討している方へのアピールポイントにもなるため、きちんと確認しておくと良いでしょう。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9