1. 不動産用語集
  2. [け]で始まる不動産用語
  3. 検査済証【けんさずみしょう】

検査済証

けんさずみしょう

検査済証とは、建築基準法第7条第5項に定められており、「建築物及びその敷地が建築基準関連規定に適合」確認したこと証明する文書のことで、特定行政庁、または指定確認検査機関で交付されます。

検査済証の目的は、違反建築物を無くすことや、建築物の安全性などの確保をすることです。建築基準関連規定に適合しているかは、建築物の設計段階で行われる「建築確認」、工事の途中で行われる「中間検査」、工事の終了時に行われる「完了検査」の3つ(もしくは用途・規模などにより「中間検査」を除く2つ)で確認されます。それぞれをクリアすると「確認済証」「中間検査合格証」「検査済証」が交付されます。なお、検査済証が交付されるまでは、その建築物を使用することはできません。

中古物件を購入する際には、重要事項説明の中に、確認済証と検査済証について記述がされています。売主が検査済証を保管していた場合には、内容を確認することができますが、建物が古い場合などには失くしている可能性もあります。検査済証は失くした場合、再発行することはできませんので注意が必要です。

また、検査済証のない物件は、増改築や用途変更に調査や工事が必要になることがあります。売却時の価格に影響する場合もあるので、物件購入時にはきちんと確認しておくようにしましょう。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9