1. 不動産用語集
  2. [し]で始まる不動産用語
  3. 修繕計画書【しゅうぜんけいかくしょ】

修繕計画書

しゅうぜんけいかくしょ

修繕計画書とは、マンションなどの集合住宅やオフィスビル・商業施設などにおいて、建物本体や付帯する設備を長期にわたって使用するために、必要な修繕を計画的に行えるよう工事の実施年度や概算金額などを取りまとめたものです。30年程度の修繕計画を立てるのが一般的で、長期修繕計画ともよばれます。

建物本体や付帯設備には、それぞれ耐用年数があり、経年とともに劣化していきます。特に屋根の防水や防災や給水などの設備は、壊れてから直すのでは生活に支障を来してしまいますが、それらの修繕工事は比較的大規模になり、工期や費用が大きくかかります。そのため、修繕計画書をあらかじめ作成しておき、計画に基づいた修繕を行っていくことが重要です。

また、建物や設備は最新の技術が年々取り入れられるため、いくら劣化を最小限に抑えても、時代の経過とともに資産価値が落ちていってしまいます。そこで、修繕時に新しい設備などに更新することによって、機能向上して市場競争力を高めることが可能となります。よって、不動産投資で修繕計画書を作成する場合などには、できる限り余裕のある資金計画をしておくと良いでしょう。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9