1. 不動産用語集
  2. [へ]で始まる不動産用語
  3. べた基礎【べたきそ】

べた基礎

べたきそ

べた基礎とは、荷重を地盤に伝える役割を持つ構造上の部位である基礎の一つで、杭を用いないため直接基礎に分類されます。直接基礎には、べた基礎、布基礎、独立基礎といった種類があり、べた基礎は布基礎や独立基礎より接地面積が広く、最も安定した基礎構造になります。構造材は鉄筋コンクリートを用いるのが一般的です。また、べた基礎の「べた」は、すきまなく物が並んでいることや一面に広がっていることを意味します。

べた基礎は、建物の壁面に沿った立ち上がり部分と、床下全体のスラブ部分で構成されており、建物を面で支えます。床下全体がスラブとなることで水平方向に安定し、また、上部からの荷重を分散して地盤に伝えることが可能となっています。

戸建て住宅ではべた基礎と布基礎がよく使用されます。べた基礎は、建物の底面全体で荷重を支える最も安定した基礎であるため、軟弱な地盤への建築や、建物自体の重量が重くなる場合に多く用いられます。ただし、基礎のボリュームが大きくなるため、コストは他の基礎構造と比較して割高です。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9