スパン

すぱん

一般的にスパンといえば、時間の間隔のことですが、建築用語では隣接する柱と柱の間の距離のことをいいます。木造住宅よりは、柱型が見えるマンションや学校などの公共施設をイメージするとわかりやすいと思います。

部屋は通常4本の柱の間の部分を、壁や窓、出入り口の扉で囲うことで構成されています。その柱と柱の間の部分がスパンになります。隣接する柱で囲まれたスパンの部分に、壁や開口などを設けて部屋とするのは、部屋内部に柱が現れないようにするためです。1スパンは5~12m程度が一般的です。

また、柱と柱の間には梁があるため、スパンは梁間(はりま)ともいわれます。体育館や博物館などの柱のない大空間を作りたい場合には、空間をアーチ状にするなど、柱・梁に構造的な工夫をすることで大スパンとすることが可能です。大スパンでは数10mのものから100mを超えるものまで実現することができますが、強度を上げるなど構造上の工夫をする分、費用も高くなるため、マンションなどの住宅建築には用いられません。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9