基礎

きそ

基礎とは、一般に建物の最下部に存在し、荷重を地面に伝える役割を持つ構造上の部位を言います。基礎にも様々な種類があり、大規模な建築物では杭基礎が、木造等の小規模の建築物では直接基礎が採用される傾向にあります。

杭基礎は、地中深くの支持地盤まで杭を打つことにより支持する基礎の方式です。杭には支持杭と摩擦杭があります。支持杭は地中深くの支持地盤に根入れすることで、先端支持力と摩擦力の双方により建物を支える方式です。一方摩擦杭は、杭側面と地盤との間に働く摩擦力により建物を支える方式です。どちらの杭も、建物底部の地中梁とは、フーチングによって接続されます。

直接基礎は杭を用いない基礎の方式です。べた基礎布基礎、独立基礎といった種類があります。べた基礎は、建物の底部全体を基礎とし、面で支えます。布基礎は、壁の下部を基礎とし、線で支えます。独立基礎は、柱の下部を基礎とする方式で、今日において住宅ではあまり採用されません。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9