1. 不動産用語集
  2. [の]で始まる不動産用語
  3. 延べ床面積【のべゆかめんせき】

延べ床面積

のべゆかめんせき

延べ床面積とは、建築基準法令第2条1項四号に規定される延べ面積のことです。同条文にて、各階の床面積の合計と定義されています。

各階の床面積は壁等で囲まれた部分に発生し、庇がない吹き抜けや、バルコニーの先端から2mの部分は算入されません。また、壁の表面からではなく、構造体の芯で計算します。

建築基準法では、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合を、所定の数値以下としなければならないと規定されています。「建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合」のことを容積率といいます。容積率には、敷地の用途地域に応じて上限が定められていることから、建築の計画段階において、建物のボリューム検討のかなめとなります。

なお容積算定上の延べ面積には除外規定があり、共同住宅の廊下、エレベーターシャフト、備蓄倉庫部分、蓄電池設置部分、住宅等の地下室(地階)、駐輪場・駐輪場をはじめとして、その一部または全部を不算入とすることができるケースもあります。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9