1. 不動産用語集
  2. [さ]で始まる不動産用語
  3. 在来工法【ざいらいこうほう】

在来工法

ざいらいこうほう

在来工法とは一般に、技術革新によって開発されたり、海外からの流入によって伝播した新たな工法に対して、従来から採用されていた伝統的な工法のことを指します。

なお、単に在来工法といった場合には、特に木造建築における在来工法を意味することがほとんどです。

木造建築における在来工法は、新しい工法である2×4工法に対して、軸組み工法が該当します。木造軸組み工法は、土台に柱を建て、それを梁などの横架材で繋ぎ、筋交いを入れる形で、主に柱梁といった線材によって荷重を支える工法です。面材を組み合わせて作る2×4工法と比べて、開口や間取りの自由度が高いという特徴があります。

ほかにも、浴室工事における在来工法や、タイル工事における在来工法などがあります。

浴室工事における在来工法は、部材が工場生産されたユニットバスを使用する工法に対して、現場施工で防水を施しタイルを貼って、浴槽を設置する方法を言います。

タイル工事における在来工法は、接着貼り工法に対して、従来からあるモルタルによる施工を指します。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9