躯体

くたい

躯体とは、本来的には構造の別にかかわらず、「構造部」を指す言葉です。躯体の強さは、建物の耐震性に大きく影響を及ぼします。

躯体とされる部分の構成要素は各構造により異なります。

木造における躯体は、木でできた柱、梁、筋交い、壁、根太、床、棟木や垂木等を含みます。これらは互いに、金物等によって接合されます。

鉄筋コンクリート造における躯体は、鉄筋及びコンクリートで構成される柱梁、床スラブ、構造壁等を含みます。各部材は、一体で成形されることが一般的です。

鉄骨造における躯体は、鉄骨で出来た柱、梁、床を含みます。これらは溶接やボルトで接合されます。なお、床はデッキプレートとコンクリートからなることもあります。

なお、主に鉄筋コンクリート造等の建物の建設現場では、「躯体」といった場合、単に鉄筋コンクリートで作られた部分のことを指すことも多く、構造壁、雑壁の別にかかわらず、鉄筋コンクリートで作られた部分全般をいうことがあります。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9