ロフト

ろふと

ロフトとは、洋間内部に中二階的に設けられたスペースを指していいます。もともとの意味では最上階の屋根裏部屋を指しますが、今日では、はしごなどで上がり中二階的な特徴があるもの、天井が通常の居室未満な場所全般に対して、こうよばれる傾向にあります。

主に収納や就寝スペースとして利用されることが想定されています。

ロフトを採用するメリットとして、特定の条件を満たすことで、容積算定上の床面積を増やさずにスペースの確保が可能な場合があることがあげられます。

容積算定上の床面積には上限があり、それを超えて居室を作ることはできません。しかし、居室でない部分は容積算定上の床面積には含まれず、容積率の制限と無関係に作ることができるため、ロフトが居室に該当しなければ、結果的に広い家を作ることができるというわけです。

ロフトが容積算定上の床面積に含まれないための条件は「天井の高さが1.4m以下であること」「ロフトがある階の1/2以下の面積であること」「はしごが固定されていないこと」です。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9