1. 不動産用語集
  2. [し]で始まる不動産用語
  3. シックハウス症候群【しっくはうすしょうこうぐん】

シックハウス症候群

しっくはうすしょうこうぐん

シックハウス症候群(Sick House Syndrome)とは、建材に添加されるさまざまな化学物質によって人体に引き起こされる諸症状をいいます。特定の症状に対する言葉というよりも、これら住宅に起因する体調不良を指す総称です。

引き起こされる症状には、吐き気、めまい、のどの痛み、倦怠感、頭痛などがあります。

原因は、防腐剤、接着剤、塗料などに含まれる化学物質から発散されるガスです。具体的にはホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレン、VOC(揮発性有機化合物)などがあげられます。これらはその多くが高温下において発散量が増大しますが、時間の経過によって徐々に濃度は薄まっていきます。

対策としては、十分な換気が有効です。外部に有害なガスが排出されることで、濃度の減少が期待できるからです。近年の住宅は一般に、省エネルギー上の観点から高気密につくられる向きがあります。シックハウス症候群は、建物の気密性の向上が進んだ弊害ともいうことができます。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9