養生

ようじょう

養生とは、工事の時などに、建築物のある部分について、材料的に劣化したり、壊れたりしないように保護することをいいます。養生という言葉は文脈によってその表す範囲が広く、内容はさまざまです。

例えばコンクリートの湿潤養生は、コンクリートを乾燥から守るために行われるものです。ひび割れや、硬化に必要な水の不足で強度が低下することを防止する目的があります。湿潤養生は水湿し(みずしめし)、または薬剤の塗布などによって行われます。

塗装やシーリング工事でいう養生は、塗料やシールが周囲に付着しないように覆うことを指します。養生テープやマスキングテープでビニールシート等を張り付ける方法などがあります。

材料の保管における養生は、乾燥や直射日光から守るために、適切なもので覆い保護することをいいます。これには、材料使用前の劣化を防ぐ目的があります。

 建物が建った後に関しても、引っ越しや搬入作業を行う際に、柔らかい布などで建物を覆い、傷や汚れが付かないよう保護することがあり、これも養生といいます。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
facebook twitter