スラブ

すらぶ

スラブとは一般に、鉄筋コンクリート造の建物を構成する「構造体」の内、床に相当する部分をいいます。もともと英語で平板を意味する「slab」から来た言葉で、鉄筋とコンクリートで構成される板状の部材となっています。

スラブ
引用:立川市教育委員会

荷重を受ける役割を持つ「構造体」には他にも、上階の重さを支える柱、柱同士を繋ぐ梁などがありますが、スラブは多くの場合、周りを囲む梁などと一体で成形されます。スラブの上には木でできたフローリングや、塩化ビニルを原料とする長尺シートなどの「仕上げ」を施し、居室の床が作られます。

スラブにも種類があり、建物の部位によって、床として使われる床スラブ、屋根を構成する屋根スラブなどの呼び方があります。また近年では、内部を中空として軽量化した分、厚みを大きくした「ボイドスラブ」も活用されています。ボイドスラブは強度や対振動性が高く、小梁がなくても単体で荷重を支えられるので、天井がスッキリすることで高い居住性を実現できます。

鉄筋コンクリートで出来たスラブは遮音性に優れるため、集合住宅等にも多く使われています。面積等の条件により一概には言えないものの、一般には厚さが大きいほど遮音性が高いといわれているので、物件を購入する場合は、スラブの厚みを訪ねてみるのもよいでしょう。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
facebook twitter