1. 不動産用語集
  2. [の]で始まる不動産用語
  3. ノンリコースローン【のんりこーすろーん】

ノンリコースローン

のんりこーすろーん

ノンリコースローンとは、返済の原資や担保を限定するローンのことです。一般的なローンにおいて、債権者は全財産を持ってローンの返済を行う義務があります。「アパートを建てるために、そのアパートを担保にローンを借りたが採算が合わず返済できなかった」といった場合、そのアパートを売却し返済しますが、足りない場合は自分の資産で返済する必要があります。これをリコース(償還請求権)ローンと呼びます。

一方で、ノンリコースローンは担保を「アパート」に限定してそこから上がる利益に限定されるので、もし返済不能になった場合でもアパートの売却を行う以上の返済を迫られることはありません。このように「リコースがないローン」をノンリコースローンと呼びます。ノンリコースローンの利点は責任範囲が限定される点で、ビジネスにおいてリスクが少なくなることです。先のアパート経営の例を見ればわかるように、失敗した場合でも不動産を失うだけで他の事業や自分の資産には影響がないため、リスクを避けられます。

デメリットは担保となる範囲が狭いため、一般的なリコースローンと比べて審査が厳しく行われる、また日本では主流とは言えないため利用できるローンの種類が多くないということです。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9