1. 不動産用語集
  2. [ふ]で始まる不動産用語
  3. 不動産投資信託【ふどうさんとうししんたく】

不動産投資信託

ふどうさんとうししんたく

不動産投資信託とは、投資信託の運用対象を不動産に特化させた金融商品のことです。投資信託は投資家から資金を集めて大きな資金として運用し、その運用益を投資家に分配する金融商品です。この運用の対象が不動産投資ということです。

不動産投資信託は証券取引所に上場され、株式と同じように取引できます。そのため不動産を投資対象としながら流動性のあるのが特徴です。

不動産投資自体が安定しており、手堅い資産形成といえますが、そもそも不動産投資を行える属性は限定されています。また、人によっては多額のローンを組むことのリスクを大きく受け止め、不動産投資そのものには抵抗を持つケースもあるようです。

不動産投資信託は、自身で不動産を保有するリスクを抱えることなく不動産投資の配当を受け取ろうという、いわばリスクを抑えつつ不動産の旨味を受け取れる投資です。

不動産投資信託の主な投資先は一般的にはオフィスビル、商業施設、物流施設、ホテルなど大型の施設が多くなりますが、不動産投資法人によってさまざまな案件が対象とされています。

取引を開始するには証券会社に口座を開設した上で証券会社を通じて売買します。1口の購入価格が10万円程度の比較的手軽なものも少なくありません。

頭文字から用語を調べる

50音で探す

アルファベットで探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

数字で探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9