1. RENOSY TOP
  2. リノベーション
  3. リノベーションに関する記事一覧
  4. 費用はどのくらい掛かるもの?リノベーションの不安を解消しよう
リフォーム・リノベーション

費用はどのくらい掛かるもの?リノベーションの不安を解消しよう

c 2016.08.02

リノベーションを思い立ったときに、不安を感じやすいことといえば費用の面を挙げる人が多いのではないでしょうか? そこで今回は、リノベーションで費用が不安に思われやすい理由や、不安を解消するための方法について解説していきます。

多くの人が不安に感じやすいリノベーションの「費用」

リノベーションでは費用に関して不安を感じる人が多いようです。その要因の一つが、リノベーション費用は一概には言えないという点ではないでしょうか? 新築の住宅であれば、坪単価で表されることがありますが、リノベーションは住まいの状況に左右されるため、指標となるものが出しづらいです。

リノベーションを検討する際には、複数のリノベーション会社に見積もりを依頼して、相場感をつかんでおくと費用に関する不安が軽減されます。多くの会社に見積もりを依頼し過ぎても、打ち合わせや現場調査が煩雑になりますので、3社程度が目安です。

また、インターネットや雑誌などでリノベーション事例をみておくとよいでしょう。

現場調査の際には追加費用の可能性を質問しておこう

リノベーションではリノベーション会社の担当者による現場調査が行われた後に、正式な見積もりが提示されることが一般的です。

リノベーション費用は住まいの状況によって変わります。例えば、フローリングの張り替えをするときに、フローリングを剥がして根太が傷んでいると補強工事費用が掛かります。

しかし、しっかりとしたリフォーム会社であれば、現場調査の際に根太が傷んでいる可能性を推測できるはずです。見積もりにあらかじめ含めておくか、根太が傷んでいた場合の追加費用の説明がされます。

現場調査の際には、工事の際に追加費用が発生することがあるか、尋ねておくと安心でしょう。

十分に検討したうえでリノベーションを依頼しよう

不安を抱えたまま業者と契約をしてリノベーションを依頼したのでは、思っていたような住まいの実現は難しくなってしまいます。

契約前に、リノベーションのプランや工事に関する疑問、追加費用の発生する可能性など、気になる点は質問しておきましょう。誠実な対応がなされない場合や、リノベーションに関する知識が乏しい場合には、依頼を取りやめるという判断も選択肢となります。

十分に検討を重ねて、安心して任せられると判断できてからリノベーションを依頼した方が、理想の住まいを手に入れることにつながりやすいです。

リノベーションの工事内容や物件の築年数によっては、追加費用の発生する可能性も考慮しておくことが大切です。特に、築年数の経過した戸建てでは、梁や柱、根太など構造体の補強が必要なことが多いので、見積もりをよくみておくようにしましょう。

【おすすめ記事】
リノベーションの醍醐味!オリジナルキッチンの種類と魅力
じつは知らない「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?
中古マンションはリノベーションで防音対策できる!
中古住宅のリノベーションは「性能」を重視 ~安心して暮らせるこだわりの住まいに~
後悔しないリノベーション向き中古マンションの選び方

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する