1. RENOSY TOP
  2. リノベーション
  3. リノベーションに関する記事一覧
  4. 資産価値はどう?古民家のリノベーションで気をつけるポイントとは?
リフォーム・リノベーション

資産価値はどう?古民家のリノベーションで気をつけるポイントとは?

2016.09.01

古民家をリノベーションした住まいは、独特の風合いから人気があります。しかし、古民家に資産価値があるのかは気になるところです。古民家を購入してリノベーションする場合には、どういった点に注意するべきなのでしょうか?

古民家の購入でチェックするべきポイントとは?

古民家の老朽化が進んでいる場合は、リノベーションをしても暮らすことが難しいため、購入前に住まいの状況を把握しておくことが大切です。

まずは、家の傾きや柱などの木材が腐っていないか確認していきます。雨漏りがある場合には構造に関わる柱や梁が腐っている可能性があり、シロアリの被害に遭っている場合には、土台や柱が損傷を受けています。

素人では判断が難しいので、古民家に詳しい建築士などのプロに住宅診断を依頼したうえで購入するとよいでしょう。

古民家のリノベーション費用の目安や依頼先

古民家のリノベーション費用は住まいの状態とどこまで手を入れるかによって、大きく変わります。基礎や梁・柱などの構造体が傷んでいる場合や耐震性に問題がある場合には、安全面から補強工事が必要です。

古民家は断熱性が乏しいため快適な住まいとするためには、壁を壊して断熱施工を行います。また、キッチンや浴室・洗面台などの設備機器を入れ替えることも多いです。

古民家のリノベーション費用は一概にはいえませんが、坪50万円から70万円程度とされ、新築で家を建てるのと同じくらいかかることもあります。

そして、古民家の多くは木造軸組み構法の中でも、一般的な金物や構造用合板を用いる在来構法ではなく、金物を使わずに木組みでつくる伝統構法で建てられています。そのため、伝統構法を知る設計事務所やリノベーション会社に依頼することが望ましいでしょう。

古民家のリノベーションは資産形成につながる?

古民家は独特の風合いがあり希少価値の高い住まいです。しかし、資産形成という面から考えると、新築と同等の費用を掛けてリノベーションしたことに見合う資産価値があるかといわれれば、難しいところでしょう。

昔の家は質のよい木材を使っているので、長持ちするともいわれていますが一概にはいえません。また、古民家は嗜好性の強い住まいですので、一般的な中古住宅よりも流動性は低くなります。

資産形成という視点から考えるのであれば、古民家のリノベーションは避けた方が賢明でしょう。

古民家をリノベーションすることで、新築にはない趣のある住まいを手に入れることができます。しかし、一般的な中古住宅よりもリノベーション費用を要することも多く、資産価値という面では不利であることを念頭におきましょう。

【おすすめ記事】
リノベーションの醍醐味!オリジナルキッチンの種類と魅力
じつは知らない「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?
中古マンションはリノベーションで防音対策できる!
中古住宅のリノベーションは「性能」を重視 ~安心して暮らせるこだわりの住まいに~
後悔しないリノベーション向き中古マンションの選び方

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する