1. RENOSY TOP
  2. リノベーション
  3. リノベーションに関する記事一覧
  4. リノベーションにも関係する?アパートとマンションの違いとは
リフォーム・リノベーション

リノベーションにも関係する?アパートとマンションの違いとは

2016.09.13

賃貸物件のアパートやマンションにどのような違いがあるのか、日頃気になっている人もいるのではないでしょうか? アパートとマンションの違いについて、リノベーションをする際にも何か違いがあるのかどうかを含めて解説していきます。

アパートとマンションの違いは構造の違い

賃貸物件の不動産情報をみていくと、アパートと書かれているものもあればマンションと書かれているものもあります。アパートとマンションの違いには法律などによる明確な基準はないのですが、一般的には構造によって区分されています。

木造や軽量鉄骨造はアパート。鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造、重量鉄骨造がマンションです。

アパートは2階建てが中心、マンションは低層から中高層まであります。マンションの中でも、鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造は遮音性が高く、アパートに比べて騒音問題が起こりにくいのが特徴です。

アパートとマンション、リノベーションで違いはある?

アパートとマンションでリノベーションをする際に、大きな違いはありません。

間取りの自由度でみると、鉄筋コンクリート造の一部を除くと、マンションは梁と柱で支えるラーメン構造のためほとんどの場合で間仕切り壁を撤去することができます。柱と柱の間の距離をあまり空けることができない木造アパートでも、間口が狭いことが多いため間仕切り壁を撤去できることも多くあります。

浴室やキッチンなどの水回りの移動は、パイプスペースの位置や床下のスペースによってできるかどうかが決まるため、単純にアパートとマンションで比較することは難しいでしょう。

アパートとマンションはメンテナンス費用に差

アパートとマンションのリノベーションで差があるのは、メンテナンス費用です。

最近、アパートの外壁に使われることの多いサイディングパネルは、洗浄とパネルの継ぎ目のコーキングの打ち直し程度でメンテナンスが済みます。

一方、マンションの外壁は、タイルの浮きや剥がれの部分的な張り替え、塗装の塗り替えなどを、屋上の防水改修とともに12年周期で行うことが一般的です。マンションの場合、外装の改修に関わる足場などの仮設費用だけでも高額となります。シングル向けの物件でも、1戸あたり50万円程度のメンテナンス費用を見込んでおく必要があります。

アパートもメンテナンス費用は掛かりますが、マンションの外装に関わるリノベーション費用は高額となることを念頭におきましょう。

アパートやマンションの呼び名は明確なものはないため、物件を取得する際には構造を確認するようにしましょう。マンションはアパートよりも、購入費用もメンテナンス費用も要しますが、耐久性が高いため長い目で運用を考えられるかがポイントといえます。



【おすすめ記事】
リノベーションの醍醐味!オリジナルキッチンの種類と魅力
じつは知らない「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?
中古マンションはリノベーションで防音対策できる!
中古住宅のリノベーションは「性能」を重視 ~安心して暮らせるこだわりの住まいに~
後悔しないリノベーション向き中古マンションの選び方

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する

格安中古マンションを買ってリノベってお得?

無料でエージェントに相談する