1. RENOSY TOP
  2. 中古マンション
  3. 住まい・暮らしに関する記事一覧
  4. 中古マンションの売却、相場を知る方法と高く売るポイント
住まい・暮らし

中古マンションの売却、相場を知る方法と高く売るポイント

2016.10.04

中古マンションを売却するとき、どのようにしたらできるだけ高く売ることができるのでしょうか? 東京の都心でも、今後も高値の傾向が続くとは限りません。そこで、中古マンションの相場を知る方法や売却のコツをまとめました。

中古マンションの相場を知る方法

中古マンションの相場を調べる方法として、レインズの提供する「レインズマーケットインフォメーション」を利用する方法があります。レインズとは、国土交通省の指定流通機構である東日本不動産流通機構、中部圏不動産流通機構、近畿圏不動産流通機構、西日本不動産流通機構が運営する不動産流通のネットワークシステムです。「レインズマーケットインフォメーション」では、エリアを指定して検索することで、過去1年の中古マンションの取引価格をm2単価で知ることができます。

あるいは、不動産情報サイトで物件情報を検索して、販売価格から傾向をつかんでいく方法もあります。ただし、中古マンションは販売価格から値引きして販売されることが多い傾向です。

不動産情報サイトによっては、エリアごとの中古マンション相場が掲載されていることもあるので、販売価格を見るときはそれらも参考にしてみましょう。

中古マンションを高く売るには仲介会社任せにしない

中古マンションを販売するときには、まず不動産会社に査定を依頼し、販売の仲介業務を依頼する不動産会社を決めます。そして、不動産会社一社だけに販売の仲介業務を依頼する「専属専任媒介契約」か「専任媒介契約」、複数の会社に仲介を依頼できる「一般媒介契約」のいずれかの契約を結びます。

「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」では、レインズに不動産情報を登録して、他の不動産会社にも物件情報を流すことが義務になっています。しかし、売主と買主の双方から仲介手数料を得るために、他社からの問い合わせには対応せず、物件の囲いこみを図る会社もあるので注意が必要です。

値下げをすすめられた場合には、金額の妥当性について納得のいく説明を求めましょう。

売りやすい物件でない場合は、一般媒介契約では熱心に販売活動をしてもらえない可能性もあります。不動産会社の販売活動の状況を確認し、内覧やオープンハウスの実施には積極的に協力しましょう。中古マンションを高く売るためには、販売期間に3カ月ほどの余裕を持つ必要があると考えておくのがベターです。

中古マンションの売却で価値を高めるには?

中古マンションを住んでいる状態で売却する場合には、内覧の際に部屋が散らかっていると魅力的な空間に見えにくいので、部屋の整理整頓を行います。室内の掃除は自分でもできますが、水回りの汚れが気になる場合は、専門業者によるクリーニングを利用しましょう。

築年数が経過して内装や設備の老朽化が目立つ場合には、リノベーション後に販売することで工事費用を掛けても高値での売却につながることがあります。

中古マンションの売却では仲介を依頼する不動産会社の選び方や販売活動の進め方が、売却が成立するまでの期間や売却価格に影響します。不動産会社任せにはせず、主体性を持って売却活動に関わっていくようにしましょう。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。