1. RENOSY TOP
  2. 中古マンション
  3. 住まい・暮らしに関する記事一覧
  4. 樹種でまったく違う?木製インテリアの基本知識とおすすめショップ
住まい・暮らし

樹種でまったく違う?木製インテリアの基本知識とおすすめショップ

2016.10.21

住まいはほっとできる空間にしたいもの。そのため温かみのある木製のインテリアは、マンションなどの住宅のコーディネートに取り入れられることが多くあります。木製のインテリアが空間に与える効果や種類、おすすめの専門店などについてまとめました。

木製のインテリアは空間にどんな効果を与える?

お部屋に木製のインテリアを使うと、木の温かみによりほっとできる優しい空間になります。

樹種によっては同じ木製のインテリアでも空間に与える効果には違いがあり、明るいものだと、パインはカジュアルな雰囲気ですが、メープルやバーチは北欧モダンのインテリアにも使われ、ナチュラルでスタイリッシュな印象です。濃い色のものでは、ウォールナットはシックな雰囲気となり、マホガニーは重厚感があります。

家具のデザインや組み合わせるファブリックによって、カジュアルにもシックにも、スタイリッシュな雰囲気にもすることができます。

木製の家具やフローリングの種類

木製の家具やフローリングなどの内装材は、主に無垢材と突き板張りに分けられます。無垢材は木をそのまま切り出したもので、使い込むほどに風合いのよさは感じられますが、ひび割れやゆがみが生じることがあります。突き板張りは木を薄く削って基材に張ったもので、ゆがみや狂いが生じにくいのが特徴です。

手入れのしやすさでいうと、突き板張りのものは特別な手入れは必要としないものの、無垢材の家具はシミができやすく、オイルを塗布するといった手入れが必要になります。その反面、紙やすりで汚れを削り取って使い続けることもできます。家具のメンテナンスも楽しみたい人に向いた家具といえるでしょう。

木製の家具を買うおすすめのインテリアショップ

木製の家具の製作から販売までを手掛けるインテリアショップをご紹介します。

メープルを使った家具専門店として人気があるのは、東京・吉祥寺にある「SERVE(サーブ)」です。北海道産の「イタヤカエデ」を使った、シンプルなデザインのオリジナル家具を製作しています。

北欧モダンデザインの無垢材の家具を手掛けるのは、北海道・東川町にある「北の住まい設計社」。北海道産イタヤカエデとミズナラを主に使い、イタヤカエデはオイル仕上げのほかに、自然な仕上がりのソープ仕上げも選べます。北の住まい設計社は、東京や名古屋などに直営店やパートナーショップがあります。

家具蔵」は、東京・表参道などに店舗を構えて、職人の手仕事と機械による作業によって、効率と技術を両立させた家具づくりを行っているのが特徴です。国産や海外から輸入した8種の樹種から選べてデザインも豊富なため、さまざまなインテリアテイストに合った家具が見つかります。

温かみのある木製の家具やフローリングは、樹種やデザインによってさまざまなインテリアテイストの商品があります。木製と一括りにはしないで、どのようなインテリアスタイルでまとめるか考えて取り入れていきましょう。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。