1. RENOSY TOP
  2. 中古マンション
  3. 住まい・暮らしに関する記事一覧
  4. なぜ中古マンションのリノベーション?独身女性が選ぶ理由
住まい・暮らし

なぜ中古マンションのリノベーション?独身女性が選ぶ理由

c 2016.10.26

かつては結婚したらマイホームを手に入れるという概念がありましたが、最近ではシングルのキャリア女性が住まいを購入することは一般的になってきました。中では中古マンションを購入してリノベーションをする選択する人も増えています。今回は、シングル女性が中古マンションのリノベーションを選ぶ理由をご紹介します。

働くシングル女性にとって資産運用は一般的

シングルのキャリア女性は、万が一失業したときのための生活費や老後の資金として、40代で1000万円程度を貯めている人が多いようです。60代までに2000万円~3000万円を貯めることを目標とすると、妥当な金額といえます。

また、扶養家族がいないため、生活にゆとりがあることからリスクを取りやすく、将来に働けなくなったときに備えて資産を増やしておくために、資産運用を始める人も少なくありません。投資信託や株式投資、あるいは不動産投資として、ローンを借りてマンションを購入する人もいます。キャリア女性にとって、資産運用は今では身近なものとなっているのです。

中古マンションのリノベーションを選ぶ人も

そんな30代から40代のキャリア女性は、老後に住む家を確保したいという考えなどから終の棲家としてマンションを購入するケースが増えています。一戸建てよりもマンションは防犯面でも安心できますし、流動性が高く、結婚や出産といったライフステージの変化があった際に、売りやすくて貸しやすいことがメリットです。

また、新築マンションよりも、中古マンションを購入してリノベーションをするという方法をとる人も増えています。

中古マンションのリノベーションが選ばれる理由

では、なぜシングルのキャリア女性は、中古マンションを購入してリノベーションすることを選ぶ人が多いのでしょうか?

一つ目の理由としては、新築よりもはるかに安いという買いやすさや、資産価値の維持のしやすさが挙げられます。一般的にマンションの価格は新築のときが一番高く、数年の間に急激に下がり、築15年を境に価格が安定してきます。中古マンションでは1000万円台の物件もありますので、リノベーション費用を考えても新築に比べて購入しやすいのです。

また、ターミナル駅にアクセスしやすく、駅に近い場所にある中古マンションは、資産価値を維持しやすいこともメリットとなります。大幅に値崩れしなければ、将来、結婚や出産によって手放すときに、売却もしやすくて安心です。

二つ目は、こだわりの住まいが実現できるという点です。新築マンションは間取りや仕様が決められた中からしか選べませんが、リノベーションでは間取りや内装を自由に変えられます。特に、梁や柱で支えるラーメン構造のマンションであれば、間仕切り壁が自由に撤去できるため自由に間取りを変更することができます。

つまり中古マンションであれば、購入時から資産価値が落ち着いているため大幅に下落する心配がなく、リノベーションで最新の設備に変えつつ、自分の好きな間取りやデザインに変更することができるのです。

このようなことから、シングル女性にとって中古マンションのリノベーションは、資産形成の面でも賢い選択と言えそうです。将来売却する可能性も踏まえて、立地条件にこだわって物件を選ぶと、ライフステージの変化によるリスクを抑えることができますよ!

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。